このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151583
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 13-0247
事例作成日
(Creation date)
2013/12/27登録日時
(Registration date)
2014年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月30日 00時30分
質問
(Question)
戦時中にあった「主婦の友社」恐喝事件について知りたい
 (粟屋憲太郎著『東京裁判への道 上』p.204 元陸軍省兵務局長の尋問証言に記載)
回答
(Answer)
当館で所蔵する東京裁判の翻訳資料を見たところ、該当の証言はない。

当館所蔵『東京裁判への道 上』を確認。
質問にある粟屋の記述は、東京裁判における田中隆吉の記憶のみによる証言を証拠として採用していることに対してその曖昧さを指摘する誤った証言の例として挙げた箇所である。(木戸幸一は日記などの物的な証拠による証言をおこなっているのと対比させて疑問を投げかけている)
「・・・米国大使館国旗引き降ろし事件、帝国ホテル舞踏場斬り込み事件、主婦の友社恐喝事件といった事件をすべて大化会によるものであったとしたり・・・」と挙げているが、誤りが大化会の部分なのか、3つの事件のことを指しているのか、あるいは事件そのものが起こっていたかどうかも含めて不明。

この部分の記述は、東京裁判及び、その予備尋問を元にしたものであることから、昭和21年9月に東京裁判で行った証言ではなく、2月から行われていたIPS国際検察局の尋問調書第2回,第4回,第6回,第18回を元にした記述であると見当を付けて調査を行った。

このIPSの尋問調書『国際検察局(IPS)尋問調書』(粟屋憲太郎、吉田裕編集・解説 日本図書センター 1993.8刊 30巻 本文は英語)は、当館未所蔵。
調書の全貌は確認できないが、検察側が日本の国家主義に流れていった過程として日本国家主義運動に関心を示し、田中に尋問を行ったことを粟屋は挙げているため、(『東京裁判への道 上』p.205)主婦の友社の恐喝事件の部分は戦時中ではなく、全体主義に流れていった昭和初期の段階の話と考えられる。

以上の理由により、昭和初期における右翼活動と主婦の友社の関係について、IPSの田中隆吉のみに関する尋問調書について各資料を調査してみた。

『田中隆吉尋問調書 東京裁判資料』
(道立図書館未所蔵 札幌学院大学図書館所蔵資料にて確認)
田中に対して行われた尋問において国家主義運動に関する部分は第2,4,16回の3回。
各回について調べたところ、第2回の尋問において田中の証言と問題の大化会の陳述がある。
この部分について、誤りであることと、実際の事件名について、本書の編集を共同担当した粟屋憲太郎が巻末に次のとおり注記している。
「(7)主婦の友社恐喝事件は、大化会ではなく大統社によるものである。『主婦の友』 1927年 12月号は赤谷幸蔵医学士の「妊娠する日と妊娠せぬ日の判別法」という記事を掲載したが、このなかに紹介された妊娠暦の図表が他人の作成によるものであったことから版権侵害の問題が持ち上がった。同誌がめざす「家庭の主婦の地位向上の動き」に以前から反感を持っていた大統社代表の吉田三郎はこの問題に割って入り、主婦の友に対する攻撃と同誌の創業者石川武美に対する脅迫を行なった。頭山満が仲介に立ち、石川が相当の金を融通したことで事件は翌年解決した(主婦の友社編『主婦の友の50年』、1967年、156-160頁)」(本文は縦書き。数字は漢数字を使用)
これにより、正式な事件名は「大統社事件」であることが判明。

『主婦の友の50年』
p.156-160において大統社事件を紹介している。

『ひとすじの道 主婦の友社創業者・石川武美の生涯』(吉田/好一?著 主婦の友社 2001刊)
(道立図書館未所蔵 江別市情報図書館所蔵資料にて確認)
創業者石川武美に関する伝記資料であり、この中において「大統社事件」は、p.56-88に記載されている。
内容自体は『主婦の友の50年』をさらに簡略化した内容となっている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
出版  (023 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 東京裁判への道 上 粟屋/憲太郎?著 講談社 2006.7 329.67/TO/1 p.204

2 主婦の友社の五十年 主婦の友社 1967 023.1/SH

3 ひとすじの道 吉田/好一?著 主婦の友社 2001.9 当館未所蔵、所蔵館を紹介。主婦の友社を築いた石川武美の伝記資料

4 田中隆吉尋問調書 (東京裁判資料) 粟屋憲太郎[ほか]編
岡田良之助訳 大月書店 1994.11 当館未所蔵、所蔵館を紹介

5 右翼 文芸春秋 文芸春秋社 1983.8 Z104 p.78-85「日本のユダ・田中隆吉の虚実 (東京裁判を考える<特集>) 保阪正康」

1 「文芸春秋」にみる昭和史 第2巻 文芸春秋∥編 文芸春秋 1988.2 210.7/B/2 かくて天皇は無罪になった 田中 隆吉∥著

2 東京裁判論 粟屋憲太郎∥著 大月書店 1989.7 329.67/TO

3 未決の戦争責任 粟屋/憲太郎?著 柏書房 1994.9 329.67/MI

4 社会問題資料叢書 第1輯 思想研究資料特輯第53 右翼思想犯罪事件の総合的研究 社会問題資料研究会∥編 東洋文化社 1975 308/SH/1-53

5 主婦の友社八十年史 主婦の友社社史編纂委員会?編集 主婦の友社 1996 023.1/SH

6 石川武美全集 全6巻 石川/武美∥著

7 昭和思想統制史資料 第19巻 右翼運動篇 奥平康弘∥[ほか]編集・解題 生活社 1980.9 308/SH/19

8 極東国際軍事裁判速記録 第1巻 自第一号至第六二号 雄松堂書店 1968 329.67/KY/1 主婦の友社に関する田中の証言はない
キーワード
(Keywords)
主婦の友社
大統社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000151583解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!