このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151570
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 13-0225
事例作成日
(Creation date)
2013/12/11登録日時
(Registration date)
2014年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月30日 00時30分
質問
(Question)
海底トンネルは日本を含めていくつあるか、その長さ、いつ作られたのか知りたい。(至急)
回答
(Answer)
全体数についての統計データは確認できず。

所蔵する資料から次の情報を提供。
資料1:『くらべる鉄道』p.107
青函トンネル全長53.85km 1988開業、海底部23.3km、イギリス/フランス・ユーロトンネル全長50.45km 1994開業、海底部37.9kmとある。

資料2:『青函トンネルから英仏海峡トンネルへ』p.226
青函トンネルは、海峡トンネルとして掲載されている。現在は、青函トンネル(53.8km)と英仏海峡トンネル(50.5km)が開通しており、グレートベルト(デンマーク・10.7km)が建設中と記載。

資料3『世界の高速鉄道 』
p.140には、海峡トンネルとして、工期について掲載あり。
青函トンネルは、1946-1988、英仏海峡トンネルは、1987-1993、
その他、p.149には、デンマークのグレートベルト・ルート概要について掲載。
1997年に開業予定。

資料4『<超図説>鉄道路線・施設を知りつくす』p.50コラム
表1)鉄道トンネルランキングがあるが、海底トンネルについては、青函トンネルと英仏海峡トンネルしか掲載されていない。

その他、インターネット上の情報を調査。
土木協会ホームページ、日本トンネル技術協会ホームページ等確認したが、海底トンネルをまとめたランキングはなく、道路又は鉄道トンネルのランキングとなっており、その中には、海底トンネルは2つのみ。
 
また、「大成建設プレスリリース」2013年10月30日では、次の記事を確認。
「2013年10月29日には、トルコ共和国建国90周年の記念日に合わせて、ボスポラス海峡横断地下鉄の開通式典が開催されました。大成建設(社長:山内隆司)はトルコの建設会社2社との共同企業体により「ボスポラス海峡横断鉄道トンネル工事」を2004年より施工してきました。これは、イスタンブール市のヨーロッパ側とアジア側を沈埋トンネル約1.4km含む全長13.6kmのトンネルで結ぶものです。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道工学  (516 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 くらべる鉄道 川辺/謙一?著 東京書籍 2011.10 516/KU

2 青函トンネルから英仏海峡トンネルへ 持田/豊?著 中央公論社 1994.8 S516.99/SE

3 世界の高速鉄道 佐藤/芳彦?著 グランプリ出版 1998.4 516.7/SE

4 <超図説>鉄道路線・施設を知りつくす 都市鉄道研究会?著 学研 2009.4 516/C

1 トップランキング事典 上野/富美夫?編 東京堂出版 1996.12 031.5/TO

2 「長さ」と「速さ」の話題事典 上野/富美夫?編 東京堂出版 2001.9 031.5/NA
キーワード
(Keywords)
海底トンネル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000151570解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!