このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151566
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 13-0209
事例作成日
(Creation date)
2013/10/19登録日時
(Registration date)
2014年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月30日 00時30分
質問
(Question)
ラワンブキの栽培方法について。栽培し加工販売したい。
回答
(Answer)
ふきの栽培に関する資料はいくつかあるが、ラワンブキの栽培について書かれているものはみつからず。
また、種苗等の持ち出しに関しては制限されていることがわかった。以下のとおり回答。

『農家の友』40巻5号の記事によると、
「十勝の足寄町に自生するラワンぶきは、大型のアキタブキ(北海道・東北に自生)のうちでも最も大きなことで知られ、生長すると高さ三メートル、茎の太さ一〇センチにもなる」

雑誌記事としては、次のものがあるが、いずれも具体的な栽培方法は記載なし。
『農家の友』40巻5号(1988年5月)に「バイテクでラワンぶきを増殖」、
同65巻7号(2013年7月)に「日本一大きなふき「ラワンぶき」栽培の取組み」、
『家の光』72巻10号に「食をめぐる冒険 ラワンブキ」

「秋田ブキ」であれば、園芸店などで苗(地下茎)が入手できるようだが、ラワンブキの苗の入手に関する情報は見つからず。


また、足寄町HPには、次のような一文が掲載されている。
「登録商標されている「ラワンぶきの種苗等」を他市町村に持ち出すことは、商標がそのまま品種名や俗称であるかのように一般名称化され、識別性が保てなくなる恐れがあることから、町及び農協、あしょろ観光協会など関係機関との申し合わせで「種苗等の町外持ち出し禁止」の措置をとっております。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
蔬菜園芸  (626 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 農家の友 第40巻第5号通巻465号 北海道農業改良普及協会 1956 Z501 55~57 バイテクでラワンぶきを増殖

2 農家の友 第65巻第7号通巻767号 北海道農業改良普及協会 1956 Z501 46~48 日本一大きなふき「ラワンぶき」栽培の取組み

3 家の光 北海道版 第72巻第10号 家の光協会 エレコン 195~197 食をめぐる冒険 ラワンブキ

4 フキ 増井/貞雄?著 農山漁村文化協会 1967 626.56/F

5 無農薬自然流野菜づくり 徳野雅仁∥著 ひかりのくに 1987.5 626/MU 96~97 フキ

6 特産野菜ハンドブック 地球社 1978.8 626/TO 133~146 フキ

7 実験活用蔬菜園芸ハンドブック 秋谷 良三∥編著 養賢堂 1982 626/J 744~752 フキ
キーワード
(Keywords)
ラワンブキ
ラワンぶき
螺湾ぶき
足寄町
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000151566解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決