このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151418
提供館
(Library)
東京学芸大学学校図書館運営専門委員会 (5400002)管理番号
(Control number)
A0166
事例作成日
(Creation date)
2013年12月11日登録日時
(Registration date)
2014年03月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年09月15日 02時44分
質問
(Question)
日本の神話を読んで、「神話かるた」を作る授業をおこなう。児童が神話に出会う過程として、読み聞かせをしてほしい。(小学校2年国語の授業)

・日本の神話に興味を持ち、神話に親しんで読むことをねらいとしている。
・教科書教材では「いなばのしろうさぎ」が取り扱われているが、神話には多数の話があり、話のつながりや登場人物相互のつながりがあることにも気付くよう、学習材はシリーズ絵本から選びたい。
・授業の事前調査をしたところ、「日本の神話を知っている」という児童は0名だった。
・初めて神話に出会って、親しんだことにより、今後の読書生活が広がり、これから出会う様々な古典にも親しんでいく始まりとなるような授業にしたい。
回答
(Answer)
[提示資料]

『日本の神話』全6巻(舟崎克彦文,赤羽末吉絵,あかね書房刊、1995年)

第1巻 『くにのはじまり』 第2巻 『あまのいわと』 第3巻 『やまたのおろち』
第4巻 『いなばのしろうさぎ』 第5巻 『すさのおとおおくにぬし』 第6巻 『うみさちやまさち』

(読み聞かせをした順は、第4巻→5巻→1巻→2巻→3巻→6巻)

日本の神話を絵本化したものは、各出版社から刊行されていますが、授業者の教諭と司書で検討し、このシリーズを学習材として提示することにしました。
初めて神話に出会う子どもたちにふさわしい内容、文章・絵の表現という観点で選びました。

『古事記―ビギナーズ・クラシックス日本の古典』(角川ソフィア文庫)(角川書店編,角川書店,2002年)
今回の授業では、日本の神話の原典やその背景まではふれませんでしたが、教材研究の際に授業者が参考にした1冊です。

『子どもに語る日本の神話』(三浦佑之訳,茨木啓子再話,こぐま社,2013年)
学習材の絵本とともに、参考までに学級に提供した1冊です。
授業が進むにつれて、神話へ興味を持った児童が、休み時間などに手にとって読んでいました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育課程.学習指導.教科別教育  (375)
神道  (170)
参考資料
(Reference materials)
くにのはじまり 第1巻. あかね書房, 1995. (日本の神話 ; 第1巻)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000004-I000370861-00 , ISBN 4251008219
角川書店/編. 古事記. 角川書店, 2000. (角川ソフィア文庫. ビギナーズ・クラシックス)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I002103874-00 , ISBN 404357410X
三浦 佑之/訳 , 茨木 啓子/再話 , 山崎 香文子/挿絵. 子どもに語る日本の神話. こぐま社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I048157823-00
キーワード
(Keywords)
日本神話
いなばのしろうさぎ
古事記
国語教育
かるた
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
東京学芸大学「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」
A0166 小学校2年国語事例
 上記リンク先には、ブックリスト 学習指導案 掲載。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000151418解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!