このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151345
提供館
(Library)
東京学芸大学学校図書館運営専門委員会 (5400002)管理番号
(Control number)
A0091
事例作成日
(Creation date)
2012年02月24日登録日時
(Registration date)
2014年03月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年12月13日 21時49分
質問
(Question)
原爆についてさまざまな視点からの意見が載っている資料をたくさん集めてほしい。(小学校6年の国語の授業)
回答
(Answer)
【提示資料】
・『原爆はなぜ落とされたのか?』(語り伝えるヒロシマ・ナガサキ第3巻)(安斎育郎文 新日本出版社 2004年)
「原爆はなぜ落とされたのか?」を考える上で、その背景にある知識を得るために役立つ。
「日本とアメリカの間には何があったのか」、「原爆を落としたことは必要だったのか」など、小学生にも理解しやすいような構成の一冊。

『パンプキン! ―模擬爆弾の夏』(令丈ヒロ子作 講談社 2011年)
長崎に落とされた原子爆弾とほぼ同じ形状をしている核物質を積んでいない爆弾がパイロットの投下訓練として日本全国に49発が投下された。アメリカが原子爆弾を周到に準備していたことがわかる一冊。

・『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』(ジェームス・M.バーダマン編 村田薫訳 ジャパンブック 2005年)
原爆投下の是非を問う世論調査では、もうすぐ70年目を迎えようとしている現在でも、その結果に各国で大きな差がある。被爆国である日本と、原爆投下の当事者であるアメリカでは、原爆の考え方に差があるのではないか、という児童の疑問に答えた一冊。
回答プロセス
(Answering process)
被爆国である日本人の立場から書かれた読み物や資料だけでなく、原爆を開発し、投下を決断した外国人の意見にもふれさせたいとのことだった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育課程.学習指導.教科別教育  (375 9版)
外交.国際問題  (319)
アメリカ合衆国  (253)
参考資料
(Reference materials)
安斎 育郎/文 監修. 語り伝えるヒロシマ・ナガサキ : ビジュアルブック 第3巻. 新日本出版社, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000893284-00 , ISBN 4406031189
令丈ヒロ子 作 , 宮尾和孝 絵. パンプキン! : 模擬原爆の夏. 講談社, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011240706-00 , ISBN 9784062170772
ジェームス・M.バーダマン, 村田薫 編. アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書 : EJ対訳. ジャパンブック, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007643730-00 , ISBN 4902928000
キーワード
(Keywords)
戦争
平和
原子爆弾
ヒロシマ
ナガサキ
国語教育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
東京学芸大学「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」
A0091 小学校6年国語事例
上記リンク先には、ブックリスト、学習指導案 掲載。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
教材
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000151345解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!