このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151264
提供館
(Library)
東京学芸大学学校図書館運営専門委員会 (5400002)管理番号
(Control number)
A0007
事例作成日
(Creation date)
2009年10月17日登録日時
(Registration date)
2014年03月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年05月24日 23時00分
質問
(Question)
修学旅行先で現地の人々にインタビューをする前に、生徒にインタビューとはどのようなものか練習をさせたい。(高校2年国語の授業)
生徒からの質問
1.「中高生の頃に読んで印象強い作品は?」
2.「印象に残っている作品は?」
回答
(Answer)
インタビューでの受け答えを通じて、生徒に紹介した本を展示した。

『言葉を考える-中学生の日本語探索-』 (石川直美著 渓水社 2007)
今回の授業担当教諭の著書。中学生がインタビューをおこなった過去の授業事例や、教科書におけるインタビューの扱いについてわかりやすく解説されている。インタビューとは、何のために聞くのか、何を尋ねたいのか、また質問内容の順番や、会場設営づくりの事例など、インタビューを実践をするうえでの理解と手順が網羅されている。

1.『ザ・ギバー-記憶を伝える者』(ロイス・ローリー著 講談社 1995)
職業もあらかじめ個々の能力に応じて与えられ、コミュニティには犯罪も飢餓もない理想のユートピア。しかし、自ら選択しながら人生を歩むこととは無縁の生き方や社会は、はたして本当に幸せな社会なのか・・・という問題をなげかける近未来ファンタジー。今回のインタビューの授業で、生徒から「中高生の頃に読んで印象強い作品は?」と尋ねられ、司書が答えた一作。

2.『よあけ』ユリー・シュルヴィッツ作・画 瀬田貞二訳 福音館書店 1977
絵本。唐の詩人、柳宗元の詩「魚翁」をモチーフに、ポーランド出身の画家が描いた作品。時間の流れとともに、静かに夜があけてゆくさまを、見事に描いている。今回の授業では、生徒のインタビューのなかで、「印象に残っている作品は?」と尋ねられ、司書がとりあげた1作。司書が海外で国際援助の仕事にたずさわっているときにも、現地に持参し”どんなにつらいことがあっても、この作品のように夜は明けるものだからと思った”というエピソードとともに紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育課程.学習指導.教科別教育  (375)
参考資料
(Reference materials)
石川直美著. 言葉を考える-中学生の日本語探索-. 渓水社 . 2007
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008530031-00 , ISBN 9784874409589
ロイス・ローリー 作 , 掛川恭子 訳. ザ・ギバー : 記憶を伝える者. 講談社, 1995. (ユースセレクション)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002431403-00 , ISBN 4062616521
ユリー・シュルヴィッツ/著 , 瀬田 貞二/訳. よあけ. 福音館書店, 1989. (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I013769167-00 , ISBN 4834005488
キーワード
(Keywords)
インタビュー
修学旅行
国語教育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
東京学芸大学「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」
A0007 高校2年国語事例
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000151264解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決