このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151037
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-133
事例作成日
(Creation date)
2013年11月03日登録日時
(Registration date)
2014年03月21日 15時31分更新日時
(Last update)
2014年06月03日 19時05分
質問
(Question)
「赤坂日枝神社別当寺山王城琳寺」について記述がある資料があったら紹介してほしい。
回答
(Answer)
以下の資料に寺名があり、これを紹介した。
 
『大日本仏教全書 120 寺誌叢書』(仏書刊行会編纂 名著普及会 1980)
 p7「東叡山之記」中に〈城琳寺〉の名あり。
 
『続天台宗全書 寺誌 1 天台宗本末帳』(天台宗典編纂所編纂 春秋社 1988)
 p170上段「渋谷山常照寺(延暦寺本) 武州豊島郡〔イ中〕渋谷 東福寺 山王城琳寺末以下十四(十四イ十五)ヶ寺共」
 p172下段「恵林山 同麻布 圓福寺 山王城琳寺門徒以下四ヶ寺共」
 
『江戸砂子 沾凉纂輯』(小池章太郎編 東京堂出版 1976)
 p45山王宮の絵図に「別当 勧理院城琳寺」とあり。
 p198「竹園山教覚院 城琳寺末」、p455「医王山福昌寺 城琳寺末」とあり。
 
『浅草寺日記 2』(金竜山浅草寺 1978)
 p310 宝暦7年6月27日条に「此度城琳寺末福泉寺無住ニ付、拙僧義移転願差出シ申候」との記述あり。
 
『近代の神社神道』(阪本是丸著 弘文堂 2005)
 p215 明治維新期の神仏分離に関連して、日枝神社の別当停止について記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 以下の寺院関係の参考図書を調べるが、該当なし。
 
『全国寺院大鑑 市町村区分による 別巻 索引』(法蔵館 1991)
『大日本寺院総覧 上巻』(堀由蔵編 名著刊行会 1966)など
 
2 江戸の神社・寺院を調べるが、該当なし。
 
『江戸幕府寺院本末帳集成 上・中・下』(寺院本末帳研究会編 雄山閣出版 1981)
『大日本近世史料 〔9〕2 諸宗末寺帳』(東京大学史料編纂所編 東京大学出版会 1983)など
 
3  寺誌を調べたところ、回答欄の資料が該当。
 
4 「日枝神社」をキーワードに、以下の資料を調べる
 
『国史大辞典 11』(吉川弘文館 1990)
 p829「日枝神社」の項に「別当は観理院」とあり。(江戸名所図会より)
 
『江戸名所図会 3』(斎藤幸雄〔ほか〕編 長谷川雪旦画 角川書店 1967)
 p14-19「日吉山王神社」の項に「別当は天台宗僧正にして観理院と号す」とあり。
 
5 《Googlebooks》を〈城琳寺〉〈赤坂日枝神社〉等で検索し、所蔵資料を確認した。( http://books.google.co.jp/  Google 2013/11/1最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
神社.神職  (175 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大日本仏教全書 120 寺誌叢書』(仏書刊行会編纂 名著普及会 1980)
『続天台宗全書 寺誌 1 天台宗本末帳』(天台宗典編纂所編纂 春秋社 1988)
『江戸砂子 沾凉纂輯』(小池章太郎編 東京堂出版 1976)
『浅草寺日記 2』(金竜山浅草寺 1978)
『近代の神社神道』(阪本是丸著 弘文堂 2005)
キーワード
(Keywords)
赤坂日枝神社
山王城琳寺
神社
寺院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000151037解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決