このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150970
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中-郷土-67
事例作成日
(Creation date)
2014年3月14日登録日時
(Registration date)
2014年03月20日 12時59分更新日時
(Last update)
2014年03月28日 16時26分
質問
(Question)
京都市伏見区にある石峰寺(せきほうじ)の五百羅漢について知りたい。
回答
(Answer)
石峰寺は,江戸時代中期の宝永年間,黄檗山万福寺の第6世千呆(せんがい)禅師によって創立された禅寺で,本堂裏山には,五百羅漢と呼ばれる石仏群があります。これらの石仏は,晩年に石峰寺の門前に住んだ江戸時代の画家・伊藤若冲が下絵を描き,石工に彫らせたといわれています。石材には,京都の北白川産の花崗岩「白川石」が使われました。
石峰寺の石仏群は,五百羅漢と呼ばれていますが,羅漢像だけでなく,釈迦像を中心に,十大弟子や地蔵,牛などの動物の像が並び,釈迦誕生からはじまり,釈迦の臨終の場の涅槃光景,賽の河原の場面まで,釈迦の一代記を表現しています。現在は520体あまりとなっていますが,完成当時には千体以上あったとされています。
五百羅漢がいつ完成したのかについては,諸説あり,正確なものはわかっていないようです。安永の中ごろから天明のはじめごろに作られたという説(【資料5】【資料6】)や,天明8年(1788)の京都大火以後も追加され,寛政6年ごろには完成していたという説(【資料8】【資料9】)があります。
回答プロセス
(Answering process)
●京都の寺院,石峰寺に関する資料から…【資料1】【資料2】
  【資料2】…石峰寺の写真集。p66~67に「石峰寺図」,巻末に「深草百丈山石峯禅寺石像五百羅漢」と書かれた図版あり。

●伏見・深草の歴史から…【資料3】
  
●石仏・石造美術から…【資料4】~【資料7】
  【資料7】…p197に「五百羅漢図」があり,【資料2】の「深草百丈山石峯禅寺石像五百羅漢」と同じもの。
        p190の説明によると,原図は若冲の筆で,石像完成当時に印刷されたもの。
        大正4年の寺の火災で版木が焼失したものを,再刻したものとある。
        (【資料8】p142にも同様の説明あり。)

●伊藤若冲に関する資料から…【資料8】【資料9】
  
●新聞記事スクラップを確認…【資料10】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718)
石彫  (714)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『京都・山城寺院神社大事典』(平凡社 1997) p412
【資料2】『石峰寺 若冲 五百羅漢』(水野克比古/著 芸艸堂 2013) p68~69 “石峰寺と若冲”
【資料3】『深草を語る』(深草を語る会/著 深草記念会 2013) p69~72
【資料4】『京都美術大観 [9] 石造美術』(中野楚渓/編纂 東方書院 1933) “76 石峰寺石佛群”
【資料5】『京都の石仏』(清水俊明/[著] 創元社 1977) p193~198
【資料6】『私の仏像 上』(東洋文化社 1976) p134~136
【資料7】『羅漢』(梅原猛/文 淡交新社 1968) p190~202,図版58~66
【資料8】『季刊銀花 第27号』(文化出版局 1976) p138~145
【資料9】『日本の美術 No.256 伊藤若冲』(至文堂 1987) p65~66,74,78
【資料10】『京都新聞 2013年6月24日 連載記事 “野仏に出会う 12 石峰寺の五百羅漢(京都市伏見区)”』
キーワード
(Keywords)
石峰寺
五百羅漢
石仏
石造美術
伊藤若冲
伏見
深草
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000150970解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!