このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150789
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中児童-2014-3
事例作成日
(Creation date)
2014/01/18登録日時
(Registration date)
2014年03月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月20日 14時10分
質問
(Question)
マンホールのふたは丸しかないのか。どうして丸いのか。小さいふたもマンホールか。(未就学児からの質問)
回答
(Answer)
『くらしをまもる・くらしをささえる 6 校外学習 上水道・下水道』(長崎武昭 文 夏目洋一郎 絵 岩崎書店 1998)p19に、「マンホールのふたは、なぜまるい? ふたが四角だと、ななめにしたとき、中に落ちてしまう。でも、まんまるなら、どんな向きにしても、落ちないんだ。」とある。

『行ってみよう!社会科見学 1 写真とイラストでよくわかる! 浄水場・下水処理場』(国土社編集部 編 国土社 2011)p11「町の下水道の入口」に、「マンホール」(下水道管に人が入るための入口)、「汚水ます」(家のよごれた水を流す管と道路の下にある下水道管をつなぐ、点検やそうじなどに使う部分)、「雨水ます」(道路にふった雨や、雪の水が下水道に入る入口)の3種類のふたが写真つきで載っている。

一般書だが、『誰でもわかる下水道マンホール安全対策』(下水道マンホール安全対策研究会 編著 大成出版社 2000)のp117「1-1マンホールとはどのようなものですか」によると、「マンホールとは文字どおり人が入る穴の意味で」、「維持管理のために人の出入りができる必要上、直径60㎝以上とされています」とある。
回答プロセス
(Answering process)
(1)自館の蔵書を、全項目「マンホール」で検索した。
(2)下水道施設の関連資料を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生工学.都市工学  (518 9版)
参考資料
(Reference materials)
『くらしをまもる・くらしをささえる 6 校外学習 上水道・下水道』(長崎武昭 文 夏目洋一郎 絵 岩崎書店 1998)(0600207180)
『行ってみよう!社会科見学 1 写真とイラストでよくわかる! 浄水場・下水処理場』(国土社編集部 編 国土社 2011)(0600427263)
『誰でもわかる下水道マンホール安全対策』(下水道マンホール安全対策研究会 編著 大成出版社 2000)(0105547977)
キーワード
(Keywords)
マンホール(マンホール)
下水道(ゲスイドウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
未就学児
登録番号
(Registration number)
1000150789解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決