このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150653
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014013
事例作成日
(Creation date)
2007年08月12日登録日時
(Registration date)
2014年03月16日 15時47分更新日時
(Last update)
2016年03月10日 09時49分
質問
(Question)
鎌倉権五郎景政(かまくら ごんごろう かげまさ)について知りたい。
回答
(Answer)
鎌倉景政は、平安末期の武士。後三年の役で源義家に従って戦った。大庭御厨の開発領主となり、その子孫と称する鎌倉党は相模国内で勢力をふるった。
鎌倉市坂ノ下及び梶原に景政を祀る御霊神社がある。

以下の資料を提供しました。(参考資料参照)。
回答プロセス
(Answering process)
①歴史上の人物なので、日本史の事典を見る。

②その事典に記されていた参考文献を見る。

③「鎌倉景政」で検索
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
宗教学.宗教思想  (161 8版)
日本史  (210 8版)
系譜.家史.皇室  (288 8版)
参考資料
(Reference materials)
『日本史大事典』 平凡社 1993 【R 210.03】 P355~356
『鎌倉武士の実像』 石井進 平凡社 1987 【K1 210.42】 P69~
『藤沢市史 第四巻 通史編』 藤沢市 昭和47 【K4 210.】 P494~
『鎌倉から見た信仰史 1』 村上光彦 村上敦子 かまくら春秋社 平成15 【161】 P193~
「相模武士の群像 その四 鎌倉党(三)」湯山学 (『かながわ風土記』 昭和62年12月 第125号) 【K0 051】
「鎌倉権五郎景政に関する一考察」秋本國夫(『わが住む里 第61号』 藤沢市総合市民図書館/編 藤沢市総合市民図書館 2011年 【K4 051】)
「鎌倉権五郎景政に関する伝説」秋本國夫(『わが住む里 第62号』 藤沢市総合市民図書館/編 藤沢市総合市民図書館 2012年 【K4 051】)
キーワード
(Keywords)
鎌倉景政 かまくら かげまさ
鎌倉景正
鎌倉権五郎景政 かまくら ごんごろう かげまさ
平景政 たいら の かげまさ
平景正
鎌倉党
御霊神社 ごりょう じんじゃ
権五郎神社 ごんごろう じんじゃ
大庭御厨 おおば の みくりや
後三年の役
桓武平氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
回答終了後に出版された参考資料

『相模武士 全系譜とその史蹟(一)鎌倉党』 湯山学 戎光祥出版 2010 【K0 288】
(参考資料⑤の『かながわ風土記』の連載「相模武士の群像」をまとめたもの)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000150653解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決