このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150547
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000014822
事例作成日
(Creation date)
2014/02/13登録日時
(Registration date)
2014年03月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年04月04日 13時41分
質問
(Question)
アルプス山脈のマッターホルンに初めて登ったというウィンパーという人物のグループが帰りに遭難した顛末がわかる本はあるか。
回答
(Answer)
『観光大国スイスの誕生』(平凡社)などに、ウィンパーらのマッターホルン登頂と帰路の事故についての記載があり。
回答プロセス
(Answering process)
人物辞典の書架を探す。
『世界人物逸話大事典』(角川書店)p127に「ウィンパー」の項目があり。ウィンパーの経歴と、1865年7月マッターホルン登頂に成功するが下山の途中に隊員4人が転落死したとの記載などがあり。著書『アルプス登攀記』にそのときのことが書かれているとのこと。
『岩波-ケンブリッジ世界人名辞典』(岩波書店)p111「ウィンパー」には1865年にマッターホルンを征服した際パーティーのうち4名が墜落死したとの記載があり。
『世界伝記大事典 世界編2 ウィ-オ』(ほるぷ出版)p100-102「ウィンパー」にウィンパーの伝記があり、その中でマッターホルン下山時の事故についてもふれられている。

さらに「アルプス 歴史」「アルプス 登山」のキーワードで所蔵資料を検索。
『ヨーロッパアルプス登山・ハイキング』(本の泉社)p24「アルプス登山の歴史」に、マッターホルンをウィンパーたちが登ったのが1865年とあるが、詳細は載っていない。
『観光大国スイスの誕生』(平凡社)p111-114「マッターホルンの悲劇」に、1865年に登山家エドワード・ウィンパーがスイスで2番目に高い山であるマッターホルンに初登頂したが、下山の際ロープが切れて4名が転落死したなどの記載があり。ウィンパーには著書『アルプス登攀記』『マッターホルン登頂』があるとのこと。

これらを見ていただくとともに、『アルプス登攀記』上下(岩波書店)は当市に所蔵があったため取り寄せて提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
戸外レクリエーション  (786 9版)
参考資料
(Reference materials)
『世界人物逸話大事典』 朝倉 治彦/編 角川書店
『岩波=ケンブリッジ世界人名辞典』 デイヴィド・クリスタル/編集 岩波書店
『ヨーロッパアルプス登山・ハイキング』 金原 富士子/著 本の泉社
『観光大国スイスの誕生』 河村 英和/著 平凡社
『世界伝記大事典 世界編 2』 ほるぷ出版
『アルプス登攀記 上』 エドワード・ウインパー/著 岩波書店
『アルプス登攀記 下』 エドワード・ウインパー/著 岩波書店
キーワード
(Keywords)
エドワード・ウィンパー(エドワード・ウィンパー)
登山(トザン)
アルプス(アルプス)
マッターホルン(マッターホルン)
遭難(ソウナン)
歴史(レキシ)
スイス(スイス)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000150547解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決