このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150506
提供館
(Library)
凸版印刷株式会社印刷博物館ライブラリー (4310008)管理番号
(Control number)
PML20030502-01
事例作成日
(Creation date)
2003年05月02日登録日時
(Registration date)
2014年03月11日 16時33分更新日時
(Last update)
2014年12月21日 19時16分
質問
(Question)
凹凸という漢字(?)と、卍という漢字そのものを不思議に思っている。
その語源は?また、中国にはあるのか?
研究、調査資料、文献があったら知りたい
回答
(Answer)
白川静『字通』(平凡社)より (白川静『字統』も同様の説明)
 凸:中央が突出している形。凹と対峙の字。「倉頡篇」に、穴の下に合を加えて凹、失を加えて凸の字とするが、用例をみない。凹凸は六朝期以後に至って、その用例がある。
 凹:凸に対して凹陥の象を示す図形的な文字。
 卍:十字形の組み合わせた線が回転する形。もと仏教で用いた記号で、吉祥や幸福を示す。十字型の各末端に回転方向をつける。吉祥万徳の集まるところで、音は万(曼)。左旋・右旋を左卍・右卍という。

と、ある。六朝期は中国の、後漢滅亡から隋統一までの間、とうことなので、西暦220年から580年代くらいまでか。

『日本国語大辞典 第2版』によれば、

(第2巻)凹凸は 1674年『艸山集』や、1730年雑俳・冬ぼたんに、
(第12巻)卍の方は、1707年の俳諧や、1775年『十善法語』にも用例が見られるようだが、仏教がらみの記号なので、紋にもなっており、もっと古くから伝わっている様である。(「万字」という言葉は、984-985年の『往生要集』にも出てくる。)

当館の資料では、この程度しか分からないので、もう少し詳しく知りたい場合は、事典類を沢山持っている大きめの図書館か、国立国語研究所に問い合わせることを勧める。
回答プロセス
(Answering process)
文様としての卍 → 『世界大百科事典 第27巻』(平凡社)

 「太陽が光を放つありさまを象形化したのが起源であるとされているが、アショーカ王碑文中の<スパスティ>という文字を図案化したものが起源であるとする説など異説も多く、一定していない。ヒンドゥー教ではビシュヌ神の胸の旋毛を象徴したものとされ、仏教では釈迦の胸や足裏にある瑞相とされる。(中略)仏教とともに中国、日本にも伝えられ・・・(後略)」
 など、文様としての説明は比較的詳しいが、漢字としての使用には触れていない。

文字について→白川静『字通』『字統』(平凡社)

用例について→『日本語大辞典 第2版』(小学館)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 9版)
参考資料
(Reference materials)
白川静 著 , 白川, 静, 1910-2006. 字通. 平凡社, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002559341-00 , ISBN 4582128041 (813.2)
白川静 著 , 白川, 静, 1910-2006. 字統 新訂. 平凡社, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007602391-00 , ISBN 4582128068 (821.2)
日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第2巻 第2版. 小学館, 2001.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002966612-00 , ISBN 4095210028 (813.1 N)
日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第12巻 第2版. 小学館, 2001.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003052601-00 , ISBN 4095210125 (813.1 N)
平凡社/編 , 平凡社. 世界大百科事典 第27巻/ホリ〜ミン. 平凡社, 1960.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I021529554-00  (S000.3 O31 H51-27)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
**2014年追記**
コメントで、コトバンクで卍の由来説については、下記URLをお知らせいただきました!

卍 まんじ svastika
https://kotobank.jp/word/%E5%8D%8D

文様ではなく漢字として使われるようになった時期などがわかりましたら、ご教示いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
来館者
登録番号
(Registration number)
1000150506解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!