このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149968
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
0030001399
事例作成日
(Creation date)
20130817登録日時
(Registration date)
2014年02月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月27日 11時14分
質問
(Question)
奥田三角関係の資料と、三角亭址と奥田三角生家と奥田蘭汀墓所について知りたい
回答
(Answer)
1)奥田三角に関する資料について
奥田三角に関する資料は、以下のものがありました。
三熊花顚著 伴蒿蹊補 中野三敏校注『近世畸人伝 続』(中央公論新社 2006)p.101~109 ※伝記
浅野松洞著『三重先賢伝 復刻』(東洋書院 1981)p.49 ※伝記
梅原三千執筆 西田重嗣執筆『津市史 第3巻』(津市役所 1961)p.663~670 ※伝記
津市教育会著『津市文教史要』(津市教育会 1938)p.44~52 ※伝記・肖像画あり
出丸恒雄編『松阪の文学 2』(三重県立松阪高等学校 1965)p.69~72 ※伝記・著作など
角田夏夫著『三角亭物語』(北方文化博物館 1985)p.5~24 ※伝記・三角亭について分かりやすく書いたもの
松阪市史編さん委員会編著『松阪市史 第7巻』(蒼人社 1980) p.188~239※三角集翻刻 p.591~592 ※三角集解題

2)三角亭址・奥田三角生家・奥田蘭汀墓所について
三角亭址については、『三角亭物語』(北方文化博物館 1985)p.226によると、「伊勢の三角亭は江戸時代に消滅している。」と書かれていました。関連した情報として、『松阪・多気今昔写真帖』(郷土出版社 2009)p.87に昭和28年の松阪市豊原町の奥田三角邸の写真がありますが、門と家の一部しか映っていませんでした。奥田三角邸の建物は、現在取り壊されて残っていないようです。奥田三角生家に関する記述は、『津市史 第3巻』(津市役所 1961)p.633に「奥田土享の先祖小四郎晴重は、後に越前(福井県)の豊原を領し、九代の孫清十郎忠重になって一族を率いて櫛田川の辺りに移り、そこを開拓して豊原と呼んだ。」とありますが、それ以上に詳しい記述を見つけることができませんでした。奥田蘭汀墓所については、出丸恒雄編『松阪の文学 2』(三重県立松阪高等学校 1965)p.72に、墓に刻まれた文が書かれています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000149968解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!