このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149967
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
0030001401
事例作成日
(Creation date)
20130817登録日時
(Registration date)
2014年02月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年03月27日 11時14分
質問
(Question)
『五十鈴川に沿う「韓神山」は、神宮の禰宜(神官)の墓地だったところで、大きな古墳があったが、大正初めの五十鈴川の改修工事で破壊されてしまったという。

今も山には「韓神社」の小さな社が、そして近くの森の中には、「国津御祖神社」、「大土御祖神社」という二つの神社がある。』

こちらは下記ブログからの引用ですが、この韓神山について詳しく知りたいです。

さらに韓神社や二つの神社についても、由緒のほかその場所やアクセス、地図等わかれば幸いです。
回答
(Answer)
韓神社について
 韓神社についての記述は発見できませんでしたが、韓神山に荒木田一門の祖霊が祭られているという記述がありましたので、参考に紹介します。
『神宮典略 前篇 復刻』(吉川弘文館 2005)p117
「…韓神山といふは尾崎村の山名なり。中古より城田郷積良村の山宮を此地に遷し祭れる處なり。…天見通命を祭るよしいへり。是荒木田一門の山宮にて祖墳を祭る地なり。今の世は森も絶へて大なる岩あり。其岩に向ひ東に向て祭祀せり。さて、祖墳を祭るは朝廷にて天皇の山陵を祭り給へると同じ意ばへなるべし。今の世も一門人の禰宜巡向に祭祀せり。」

また、「尾崎」は『角川日本地名大辞典 24 三重県』(角川書店 1983)によると「現在の伊勢市楠部町の一部。」とあり、次の韓神山の記述とも矛盾しません。

韓神山の場所について
明治から大正にかけての五十鈴川の河川改修工事で形は変わってしまったようですが、おおよそ伊勢市楠部町の四郷小学校の南西あたりと思われます。

 ブログにあった『日本の中の朝鮮文化 4』(金 達寿/著 講談社 1973)を確認したところ、次のような記述がありました。
p233
 「韓神山にはかつて、大きな古墳があった。それが大正はじめに行われた五十鈴川の改修工事でつぶれたこと、…韓神山には韓神ノ社があって、それはいまものこっていること、…」
p234-235
 「韓神山は裏側へまわってみるとそちらにも五十鈴川が流れていて、韓神山のためにそこで屈曲しているのがよくわかったが、そのむこうには近鉄の電車が通っていて、それが韓神山を半分にぶち切って走り抜けていた。そんな状態では、なるほど韓神山もたまったものではない。岡松さんは韓神山からいったん引き返すようにしたかとみると、こんどはその近くの伊勢神宮神田の小さな森のほうへ私たちをつれて行った。四郷小学校や住宅などのならんでいる道路の小さな森でそこには二つの神社がならんでいた。」 この「二つの神社」が大土御祖神社、国津御祖神社です。

大土御祖神社、国津御祖神社について
『式内社調査報告 第6巻』(式内社研究会/編纂 皇学館大学出版部 1990)に由緒の他、所在、アクセス、地図が掲載されています。
大まかには以下のとおりです。アクセスは本の出版当時のものですので、当地を訪問されるのであれば、インターネット等で事前にご確認ください。

大土御祖神社 p259-265
由緒 祭神は大國玉命・水佐々良比古命・佐々良比賣命。太神宮式の大神宮所攝廿四座の一、新年神嘗祭に預かる。寛文三年攝社再興。
所在 伊勢市楠部町字尾崎2-132番地
アクセス 近鉄五十鈴川駅より東方へ約1キロメートル。三重交通バスは朝熊町行で四郷小学校前下車、すぐ神社の前に着く。

国津御祖神社 p271-275
由緒 祭神は宇治比賣命・田村比賣命 古来、社地の位置は大土御祖神社と同域。太神宮式の大神宮所攝廿四處の一、新年・神嘗祭に預かる。明治維新前は大土社と共に楠部村の支配に属し、國津講を組織して利益を積み立て社殿造替の諸経費を賄ったという。
所在 伊勢市楠部町字尾崎2-132番地 大土御祖神社同域
アクセス 大土御祖神社に同じ

【その他調査資料】
『勢陽五鈴遺響 5』(安岡 親毅/著,倉田 正邦/校訂 三重県郷土資料刊行会 1978)
『伊勢市史』(伊勢市/編纂 大和学芸図書 1982)
『校訂伊勢度会人物誌』(川端 義夫/校訂 古川書店(発売) 1975)
『四郷の歴史』(四郷小学校創立百周年事業実行委員会 1987)
『お伊勢さん125社めぐり 』(伊勢文化舎 2008)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
神宮典略 前篇 [薗田 守良/著] 吉川弘文館 2005.4, ISBN 4-642-00381-9
角川日本地名大辞典 24 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983.6, ISBN 4-04-001240-2
日本の中の朝鮮文化 4 金 達寿/著 講談社 1973.12
式内社調査報告 第6巻 式内社研究会/編纂 皇学館大学出版部 1990, ISBN 4-87644-080-8
勢陽五鈴遺響 5 安岡 親毅/著 三重県郷土資料刊行会 1978
伊勢市史 伊勢市/編纂 大和学芸図書 1982.10
校訂伊勢度会人物誌 川端 義夫/校訂 古川書店(発売) 1975
四郷の歴史 四郷小学校創立百周年事業実行委員会 1987
お伊勢さん125社めぐり 伊勢神宮の125社を歩いて訪ねる12コース 伊勢文化舎 2008.12
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000149967解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!