このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149892
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000796
事例作成日
(Creation date)
2014/02/26登録日時
(Registration date)
2014年02月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年02月27日 13時47分
質問
(Question)
「琉球」という名称について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を案内した。

1 『沖縄大百科事典』 下 (沖縄大百科事典刊行事務局、沖縄タイムス社、1983年)
  p851~852 「琉球」の項に、「沖縄の史書では、①流?→②流求→③瑠求→④琉球と表記している」とあり、「琉球の文字に一定したのは14世紀洪武の初めからである」と記述あり。

2 『沖縄民俗辞典』(渡邊 欣雄ほか、吉川弘文館、2008年)
  p552 「りゅうきゅう」の項に、「隋書(六五六)に流求の名が記されて以来、史書にさまざまな表記が登場したが、明初に琉球に統一された中国名である」と記述あり。

3 『琉球と沖縄の名称の変遷』(小玉 正任、琉球新報社、2007年)
  p9 「琉球という名称の由来」の項に、「琉球という名称が、史料の上に初めて登場するのは、中国の元末、十四世紀半ばに撰述発刊された地理書の『島夷誌略』(一三五〇年)の中に於てであると考えられる」と記述あり。

4 『南島風土記 注釈』 第3版(東恩納 寛惇、沖縄郷土文化研究会、1974年)
  p14~16 「琉球」について記述あり。

5 『角川日本地名大辞典 47』(角川日本地名大辞典編纂委員会、角川学芸出版、2009年)
  p727~728 「琉球国」について記述あり。

6 『<流求国>と<南島>』(来間泰男、日本経済評論社、2012年)
  p97~175「「流求国」は沖縄のことか」に記述があり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (2 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄大百科事典 下 ナ?ン 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/3 p851~852
2 沖縄民俗辞典 渡邊 欣雄∥ほか編 岡野 宣勝∥編 吉川弘文館 2008.7 K38/O52 p552
3 琉球と沖縄の名称の変遷 小玉 正任∥著 琉球新報社 2007.5 K29/KO18 p9
4 南島風土記 注釈 東恩納 寛惇∥著 沖縄郷土文化研究会 1974.9 K29/H55 p14~16
5 角川日本地名大辞典 47 沖縄県 角川日本地名大辞典編纂委員会∥編 角川学芸出版 2009.9 K29/KA14 p727~728
6 <流求国>と<南島> 来間/泰男?著 日本経済評論社 2012.10 K203/KU63 p97~175
キーワード
(Keywords)
琉球
名称
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149892解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!