このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149623
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-13-020
事例作成日
(Creation date)
2014年02月20日登録日時
(Registration date)
2014年02月20日 16時53分更新日時
(Last update)
2014年05月26日 18時06分
質問
(Question)
五・一五事件での犬養毅首相と将校のやりとりが載っている本
犬養首相「話せばわかる」将校「問答無用」
回答
(Answer)
以下の資料を紹介しました
回答プロセス
(Answering process)
五・一五事件を簡単に書いてある資料は多いが、やりとりについて詳細の分かる資料は少ないが、
『話せばわかる』には犬養を撃った山岸宏の回想、犬養家のお手伝いさん(名前・テル)の事件直後の犬養首相の様子など事件前後についても詳しい。
『検証 激動の昭和』にも首相『話せばわかる』と同様の記述があるがお手伝いさんの名前は今木あさ子。
『検察秘録 五・一五事件 Ⅰ』 p225は犬養首相と対話をした三上卓、p232は犬養首相を撃った山岸宏の自首調書。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『話せばわかる 下』山陽新聞社 山陽新聞社出版局 1982 ‹312サ 2› (335p)
『日本宰相列伝13 犬養毅』岩淵辰雄 時事通信社 1958 ‹312ニ 13› (204p)
『犬養毅』小林惟司 ミネルヴァ書房 2009 ‹289.1イ›, ISBN 978-4-623-05506-7 (234p)
『検証 激動の昭和』山陽新聞社 山陽新聞社 1988 ‹210.7ケ›, ISBN 4-88197-252-9 (129p)
『検察秘録 五・一五事件 Ⅰ』原秀男ほか 角川書店 1989 ‹210.7ケ 1› (225p,232p)
キーワード
(Keywords)
五・一五事件(1932)
犬養毅
日本-歴史-昭和時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000149623解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!