このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149595
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2013-0058
事例作成日
(Creation date)
2013/08/31登録日時
(Registration date)
2014年02月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年02月20日 00時30分
質問
(Question)
滋賀県からのブラジル移民が始まった時期と人数を知りたい。
回答
(Answer)
『海を渡った近江の人たち』によりますと、「滋賀県統計書によれば、ブラジルへの移民は明治四五年に男二名、女一名の計三名、翌大正二年(一九一三)には男一五名、女一三名の計二八名が記録されていて、その後三年間は記録がない。同じく県統計書の郡市別表によれば、明治四五年の三名は神崎郡出身であり、(中略)大正二年の二八名は、神崎郡四名(男二、女二)、愛知郡一八名(男九、女九)、犬上郡三名(男二、女一)、東浅井郡三名(男二、女一)となっている。ブラジル移住は家族単位であることが条件であったので、初めから女性の渡航者があった。」とあります。ただし、この時期の滋賀県統計書は『滋賀縣統計全書』という書名になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口.土地.資源  (334 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 海を渡った近江の人たち 川崎愛作∥著 滋賀県 1986年 5-3300- 86 p.40-41

2 滋賀縣統計全書(明治期) 12 雄松堂書店 1900年 SM-3500-12 「大正元年滋賀縣統計全書」p.124

3 滋賀縣統計全書(大正期)  1 雄松堂書店 1900年 SM-3500-1 「大正二年滋賀縣統計全書」p.202
キーワード
(Keywords)
移民・殖民(日本)-ブラジル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-2601(野洲図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149595解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!