このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149593
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2013-0060
事例作成日
(Creation date)
2013/08/31登録日時
(Registration date)
2014年02月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年02月20日 00時30分
質問
(Question)
古代の神社を掲載している「延喜式神名帳」という資料があるが、この資料の読みを知りたい。「しんめいちょう」とか「じんみょうちょう」とか諸説あると聞いた。また、この資料は独立した資料なのか、「延喜式」の一部なのか。さらにこの資料に掲載されている神社数を知りたい。
回答
(Answer)
『神道史大辞典』、『日本史文献解題辞典』、『国書総目録 第1巻』、『国史大辞典 2』などによりますと、「えんぎしきじんみょうちょう」と読みが付けられています。しかし、『神道大辞典』は「エンギシキシンミョーチョー」と読みを付けています。また、この資料が独立した資料であるのかなどにつきましては、回答資料1の『神道史大辞典』によりますと、「『延喜式』のうち、神名式を収めた巻九・十の別称。延長五年(九二七)に奏進された『延喜式』は全五十巻からなるが、一巻から十巻までを神祇関係の式が占め、そのうち九・十の二巻が上下の神名式となっている。この『延喜式』の神名式を、通常、延喜式神名帳と呼ぶ、これはいわば官社の名簿・一覧であって、当時、祈年祭班幣の対象であった二千八百六十一社、三千百三十二座の神社名を搭載する。(中略)延喜式神名帳については、中世以来、研究が重ねられ、『延喜式』からこれだけを取り出した写本が作られているほか、註釈書や論考も多数著わされている。(中略)(並木和子)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 神道史大辞典 薗田稔∥編 橋本政宣∥編 吉川弘文館 2004年 R-1703-ソ p.132

2 日本史文献解題辞典 加藤友康∥編 由井正臣∥編 吉川弘文館 2000年 R-2100-カ p.82-83

3 国書総目録 第1巻 あ-お 岩波書店 1989年 L-0251-1 p.510

4 国史大辞典 2 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1980年 R-2100-2 p.389

5 神道大辞典 臨川書店 1986年 R-1703-シ p.213
キーワード
(Keywords)
延喜式神名帳
延喜式
延喜式神名式
神社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-2601(野洲図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149593解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決