このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149399
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2014-004
事例作成日
(Creation date)
2014年02月18日登録日時
(Registration date)
2014年02月18日 18時47分更新日時
(Last update)
2014年06月25日 13時07分
質問
(Question)
スイスが舞台となっている児童書(フィクション)には何があるか。
回答
(Answer)
以下の資料があります。
『ウルスリのすず』
『フルリーナと山の鳥』
『ナシの木とシラカバとメギの木』
『マウルスと三びきのヤギ』
『大雪』 これらはすべて同じ登場人物です。
『よるの森のひみつ』
『ふたりのロッテ』
『黒い兄弟』
「最後の事件」(『シャーロック・ホウムズ最後の事件』の中の1編)
『雪のたから』 本文中にはスイスとはありませんが、冒頭の「作者のことば」にスイスが舞台と書いてあります。

参考までに、スイスが舞台というわけではありませんが、スイス出身の絵本作家の作品にスイスの風景が表れているものがあるようです。
『フェリックス・ホフマンの世界 父から子への贈りもの』p.9に「アーラウ(スイスの街)近辺には800メートルを超える山はなく、のどかな丘陵地帯が、ライン河とその支流のあいだに広がっています。それは、フェリックス・ホフマンの絵本に出てくる風景に似ています。」という記述があります。
また、『アルプスの花物語』の奥付に「クライドルフの絵本のなかには、たくさんの花の名がでてきます。その多くは日本でもなじみ深いものですが、なかには、アルプスにだけ咲く花や、こと地方独特の呼び名があったりします。」という記述があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『ウルスリのすず』ゼリーナ・ヘンツ/文 アロワ・カリジェ/絵 大塚勇三/訳 岩波書店 1973年
『ナシの木とシラカバとメギの木』アロワ・カリジェ/文・絵 大塚勇三/訳 岩波書店 1970年
『フルリーナと山の鳥』ゼリーナ・ヘンツ/文 アロワ・カリジェ/絵 大塚勇三/訳 岩波書店 1977年
『アルプスのきょうだい』光吉夏弥/訳 岩波書店 1987年
『マウルスと三びきのヤギ』アロワ・カリジェ/文・絵 大塚勇三/訳 岩波書店 1969年
『大雪』ゼリーナ・ヘンツ/文 アロワ・カリジェ/絵 生野幸吉/訳 岩波書店 1965年
『よるの森のひみつ』ケティ・ベント/絵 エベリーン・ハスラー/文 冨山房 1993年
『ふたりのロッテ』エーリヒ・ケストナー/作 池田香代子/訳 岩波書店 2006年
『黒い兄弟』リザ・テツナー/作 酒寄進一/訳 あすなろ書房 2002年
『雪のたから』パトリシア・M・St・ジョン/著 松代恵美/訳 いのちのことば社
『シャーロック・ホウムズ最後の事件』コナン・ドイル/作 林克己/訳 岩波書店 2000年
『フェリックス・ホフマンの世界 父から子への贈りもの』小さな絵本美術館 1998年
『アルプスの花物語』エルンスト・クライドルフ/作 矢川澄子/訳 1982年
キーワード
(Keywords)
スイス
児童書
えほん
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149399解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決