このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149337
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6000005226
事例作成日
(Creation date)
2013/12/07登録日時
(Registration date)
2014年02月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年04月03日 21時17分
質問
(Question)
ロシアの詩人V.ベレストフの「この世ではじめての歌」(松谷さやか訳)について調べています。
1)初出掲載誌(書物)を教えてください
2)ベレストフのこの詩が、日本で初めて紹介されたのは、松谷さやか訳でしょうか?
『カスチョール』16号(「カスチョール」編集部)p.78「図書館だより16」、岩本憲子著の本文中に松谷さやか訳の「この世ではじめての歌」が紹介されていますが、訳詩の初出等については何も記されていませんでした。
絵本『だくちるだくちる』は、作者の一人阪田寛夫がベーレストフの1965年作「この世ではじめての歌」(松谷さやか訳)を読んで再創造し、長新太の絵とともに創り上げた絵本だと書かれています。
回答
(Answer)
国際児童文学館で調査した結果は次のとおりです。
1)『イグアノドンとちいさなともだち』(V.ベレストフ/詩 小学館 2008.3)の裏表紙カバー折り返し部分に記載の訳者紹介文中に、初出掲出誌は、「イワン」11号(同人誌「イワン」編集部、1989.4.15)であると書かれています。
当該号は、当館で所蔵しています。
p.51-62「ベレストフの子どものための詩」(松谷さやか/訳)の中の、p.58に「この世ではじめての歌」が掲載されています。
p.61-62に訳者による「作者と作品について」という解説があります。ここに訳出した詩に関して、「韻も無視した訳、日本語になってみると詩の体裁を成しておらず、著者には申し訳ないことですが、詩はなかなか紹介する場がないので敢えて挑戦しました。」と記されています。
2)断定できる資料はありませんでしたが、上記の記述から初めて挑戦した訳者とも思われます。
ほかに次のような関連資料がありました。
・『はじめてであう世界の名詩 5 ロシアの名詩』(桜井信夫/編著 あすなろ書房 1994.4)p.6-13にベレストフの詩2編「水たまりの絵」、「カーチャおばあちゃん」の松谷さやかによる訳詩が載っています。作者や詩の解説などは1)の雑誌からの引用です。
・「カスチョール」28号(「カスチョール」編集部、2010.12.25)p.74-77にベーレストフ/著(田中泰子/訳)「イワン像:イワン王子とばかのイワン」という記事があります。この中に、本誌6号、10号、15号、16号にベーレストフについての記事があると紹介されていますので当該号の以下の記事を確認しましたが、この詩を日本で初めて紹介したのが誰かの手がかりはありませんでした。
6号(1993.7.1)p.2-9「闘っている兵士が手にした銃を忘れる:ベーレストフを訪ねて」(田中泰子/著)
10号(1995.7.1)p.40-41「v.ベーレストフの折り紙の詩」(片山ふえ/訳)
15号(1998.4.1)p.2-21「チュコーフスキイを語る:ベーレストフ氏、チューコフスカヤさん来日によせて」の記事のうち、p.17-19「つかのまの東京滞在」(松谷さやか/著)に「ベーレストフさんとは1983年にモスクワで開かれた「国際書籍見本市」で初めてお会いして以来ずっと親しくさせていただいている」とありますが、訳詩についての記述はありません。
16号(1998.10.1)p.92-95「ベーレストフさん、さようなら!」(田中泰子/著)
・『クシカのぼうけん(世界傑作童話シリーズ)』(T・アレクサンドロワ/作 福音館書店 1991.3)
作者はベレストフの妻。訳者松谷さやかによる「あとがき」がありますが、参考となる記述はありませんでした。
・『だくちるだくちる はじめてのうた(日本傑作絵本シリーズ)』(V・ベレストフ/原案 福音館書店 1993.11)
国際児童文学館では発行当時の出版社による新刊案内のちらしも併せて保存していますが、その案内文中にも参考となる記述はありませんでした。
・「ソヴェート文学」28号(理想社、1969.11.30)p.14-20に佐野朝子による訳詩2編「ヴィーチャと、小びとのフィチューリカと、けしゴムくん」、「青虫のやくそく」があり、p.29に作者紹介がありますが、参考となる記述はありませんでした。
なお、国立国会図書館レファレンス協同データベースに関連する内容の事例がありました。
(『だくちるだくちる』(阪田寛夫作 長新太絵 福音館書店)のあとがきに、この作品の原案は「はじめての歌-若い生物学者フェージャ・リョーヴィンへ」(V.ベレストフ詩 松谷さやか訳)と書いてあるが、その原案を翻訳で読みたい。)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
児童文学研究  (909 8版)
参考資料
(Reference materials)
イワン 11号 同人誌「イワン」編集部 (58)
イグアノドンとちいさなともだち V.ベレストフ∥詩 小学館
はじめてであう世界の名詩 5 桜井/信夫編著 あすなろ書房
クシカのぼうけん T・アレクサンドロワ∥作 福音館書店
だちくるだちくる はじめてのうた(日本傑作絵本シリーズ) V・ベレストフ∥原案 福音館
ソヴェート文学 28号 理想社 (29)
レファレンス協同データベース(2013/9/21現在) ( http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000024096 )
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
出版情報
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000149337解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!