このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000149292
提供館
(Library)
宇都宮市立図書館 (2310280)管理番号
(Control number)
宇南14-00128
事例作成日
(Creation date)
2013年12月23日登録日時
(Registration date)
2014年02月15日 12時40分更新日時
(Last update)
2015年03月04日 19時11分
質問
(Question)
ひとつずつって、ひらがなでどうかきますか。(ひとつずつ、「ずつ」か「づつ」か?)
回答
(Answer)
『チャレンジ小学国語辞典 第5版』では,「ずつ」が助詞として載っていた。(『同書』p.647)①同じに分けた量を表わす。(例)3つずつ ②くり返す量を表わす。(例)百字ずつ また、使い方として「『づつ』とは書かないよう注意」との記述もある。
『日本国語大辞典 第2巻(さ-の) 精選版』では,読みは「づつ」とある。「数量、程度を表わす体言またはそれに副助詞のついたものをうけ、量的に同一の割合、程度が繰り返されることを示す。中古からみられる。」との記載がある。また伊勢物語と源氏物語紅葉賀からの用例がある。(『同書』p.849)

[追加事項]2014.2.15
『揺れる日本語どっち?辞典』に、「ずつ」vs「づつ」という項目があり、「ずつ」と書くの記載がある。(『同書』p.147)
『明鏡国語辞典 第2版』の「ずつ」の表記の項目に、現代仮名遣いでは「づつ」も許容とある。(『同書』p.908)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 8版)
辞典  (813 8版)
参考資料
(Reference materials)
湊吉正 監修. チャレンジ小学国語辞典 第5版. ベネッセコーポレーション, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011074906-00 , ISBN 9784828865140
小学館国語辞典編集部 編. 日本国語大辞典 第2巻(さ-の) 精選版. 小学館, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008066334-00 , ISBN 4095210222
篠崎晃一 監修 , 神田龍之介 著. 揺れる日本語どっち?辞典. 小学館, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009264827-00 , ISBN 9784095050324
北原保雄 編. 明鏡国語辞典 第2版. 大修館書店, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011046711-00 , ISBN 9784469021172
キーワード
(Keywords)
ずつ
かなづかい
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000149292解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!