このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143885
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2014-01-006
事例作成日
(Creation date)
2014年01月23日登録日時
(Registration date)
2014年01月23日 16時25分更新日時
(Last update)
2014年03月12日 11時33分
質問
(Question)
ピアニストの手の痛みやしびれの症状、その治療法について書かれた資料がないか。
回答
(Answer)
当館所蔵資料を中心に、以下の資料を紹介。
資料1:鍵盤楽器奏者(ピアノ、オルガン、キーボードなど)が知っておくべき「からだ」の問題について解説されている。p159-172の第9章「痛み・故障と再訓練」では、故障の原因、痛み・故障の進行について、具体的に腱鞘炎、毛根管症候群、ジストニアの症状、治療についての記述がある。
資料2:p15~局所性ジストニアについて解説があるなか、p29-30「音楽家のジストニア」がある。
要旨としては、「①職業性ジストニアの一つとして“音楽家のジストニア”がある。②医療者およびリスク群の音楽家・器楽奏者いずれにとっても疾患の認知度は高くなく、治療・対策のため疾患についての啓発活動が望ましい」と書かれてあり、その症状、鑑別診断、治療の項目がある。
資料3:音楽家のジストニアの予防対策、症状、治療方法など、正しい理解と知識について解説。ピアニストについての記述も多い。
資料4:p56-58「ピアニストの手の痛みとオクターブ演奏」、p96-104「フォーカル・ジストニア」など、ピアニストに起こりやすい障害についての解説もある。
資料5:ピアニストの手の障害から現代奏法まで解説。p33-41「第2章 手のしくみとピアニストの手の障害」がある。
資料6:ピアノの症例を中心に、腱鞘炎、指先や肘の痛みなどの悩みに答える。※当館未所蔵資料
資料7:手の障害とピアノ奏法理論とのかかわりを解説。※当館未所蔵資料
回答プロセス
(Answering process)
(1) 手の痛みや痙攣、腱鞘炎に関する資料や医学の参考図書で、音楽家に起きる症状について記述がないか調査。→ほとんど該当なし

(2) ピアノ(763.2)に分類される資料のなかで、障害や病気に関する記述を書架に直接あたり調査。→【資料1・5】

(3) 〔TRC〕 https://tooli.trc.co.jp/ (最終確認2014/3/11※契約必要)で、そのほかの出版物を検索。→【資料6・7】

(4) 「ジストニア」というキーワードを元に、この病気と音楽家(ピアニスト)に関する資料を調査。→【資料2・3】

(5) 【資料4】については、新刊として出版があり購入。

以下の資料は調査済。
・『看護に役立つ疾患・症候事典』(メヂカルフレンド社,2008)
・『メルクマニュアル医学百科 最新家庭版』(日経BP社,2004)
・『手の痛みと機能障害 第3版』(医歯薬出版,1995)
・『けいれん性疾患』(東山書房,1990)

<参考として>
〔Wikipedia:局所性ジストニア〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%80%E6%89%80%E6%80%A7%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2 (最終確認2014/3/11)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
楽器.器楽  (763 8版)
音楽  (760 8版)
内科学  (493 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 トーマス・マーク, ロバータ・ゲイリー, トム・マイルズ 著 , 小野ひとみ 監訳 , 古屋晋一 訳. ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと. 春秋社, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008386686-00 , ISBN 4393935055 (当館請求記号 763.2/ピ06/)
【資料2】 梶龍兒 編集. ジストニアのすべて : 最新の治療指針. 診断と治療社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024447120-00 , ISBN 9784787819109 (p29-30「局所性ジストニア(5)音楽家のジストニア」 当館請求記号 493.7/ジ13/)
【資料3】 ジャウメ・ロセー・イ・リョベー, シルビア・ファブレガス・イ・モラス 編 , 平孝臣, 堀内正浩 監修 , ジストニア友の会 訳. どうして弾けなくなるの? : 〈音楽家のジストニア〉の正しい知識のために. 音楽之友社, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023818230-00 , ISBN 9784276143364 (当館請求記号 493.7/リ12/)
【資料4】 根本孝一, 酒井直隆 編著 , 朝妻孝仁, 尼子雅敏, 有野浩司, 大江隆史, 須原貴志 著. 音楽家と医師のための音楽家医学入門. 協同医書出版社, 2013
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025021022-00 , ISBN 9784763900371 (当館請求記号 760.7/オ13/)
【資料5】 酒井直隆 著. ピアノを弾く手 : ピアニストの手の障害から現代奏法まで. 音楽之友社, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023929348-00 , ISBN 9784276143463 (当館請求記号 763.2/サ12/)
【資料6】 酒井直隆 著. 解決!演奏家の手の悩み : ピアノの症例を中心に. ショパン, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023620768-00 , ISBN 9784883643165 (※当館未所蔵資料)
【資料7】 酒井直隆 著. ピアニストの手 : 障害とピアノ奏法. ムジカノーヴァ, 1998. (ムジカノーヴァ叢書 ; 22)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002705901-00 , ISBN 4943945406 (※当館未所蔵資料)
キーワード
(Keywords)
ピアニスト
ピアノ
音楽家
職業性ジストニア
局所性ジストニア
腱鞘炎
ジストニー
毛根管症候群
痙攣
しびれ
痛み
鍵盤楽器
器楽奏者
障害
病気
故障
疾患
フォーカル・ジストニア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000143885解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!