このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143840
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2013-0062
事例作成日
(Creation date)
2013/8/1登録日時
(Registration date)
2014年01月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年01月23日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代に8回の大嘗祭が行われている。江戸時代の大嘗祭においては、近江の村落に悠紀斎田が設定されている。その村落名と現在地名を知りたい。
回答
(Answer)
『大嘗祭』第3章「大嘗祭の前儀礼」「鈴鹿家文書の記録」の項によりますと、「貞享四(一六八七)年 近江国滋賀郡山中村(中略) 元文三(一七三八)年 近江国滋賀郡松本村(中略) 寛延元(一七四八)年 近江国滋賀郡松本村(中略) 明和元(一七六四)年 近江国滋賀郡松本村(中略) 明和八(一七七一)年 近江国甲賀郡南土山村(中略) 天明七(一七八七)年 近江国甲賀郡南土山村(中略) 文政元(一八一八)年 近江国滋賀郡松本村(中略) 嘉永元(一八四八)年 近江国甲賀郡南土山村(後略)」とあります。この記述のもとになった鈴鹿家文書は『大嘗祭史料』として復刻されていて、「国郡卜定」の中の「全年度の悠紀・主基郡名」においても同様の記述があります。さらに、『近代天皇制の文化史的研究』にも、『大嘗祭史料』をもとに作成した表が掲載されています。『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』などによりますと、滋賀郡山中村は現在大津市山中町に、滋賀郡松本村は大津市松本になっています。甲賀郡南土山村は同郡土山町南土山となったのち、町村合併により現在は甲賀市土山町南土山になっています。なお、『大津市史 上巻』にも天長10(833)年から昭和3(1928)年までの悠紀斎田・主基斎田が設定された地域名が記述されています。ここでは貞享4年の悠紀斎田設定村落は「近江國滋賀郡滋賀村」とありますが、「近江国滋賀郡山中村」の誤植と思われます。さらに、天明七年は「近江國甲賀郡土山町」、嘉永元年は「近江國甲賀郡土山村」とありますが、ともに「近江国甲賀郡南土山村」の誤植と思われます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 大嘗祭 鳥越憲三郎∥著 角川書店 1990年 2-2100-ト p.92-93

2 大嘗祭史料 鳥越憲三郎∥[ほか]編著 柏書房 1990年 2-2100-ト p.134-135

3 近代天皇制の文化史的研究 高木博志∥著 校倉書房 1997年 2-2106-タ p.143

4 角川日本地名大辞典 25 滋賀県 「角川日本地名大辞典」編纂委員会∥編 角川書店 1991年 R-2910-25 p.645-646,667,709

5 大津市史 上巻 大津市役所∥編 大津市役所 1942年 S-2111-1 p.624
キーワード
(Keywords)
大嘗祭
山中村
松本村
南土山村
悠紀斎田
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000143840解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!