このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143798
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
15886
事例作成日
(Creation date)
2014年01月22日登録日時
(Registration date)
2014年01月22日 12時40分更新日時
(Last update)
2018年11月03日 14時46分
質問
(Question)
漢数字で「二十」を「廿」と書く場合があるが、この漢字について説明のある本は?
回答
(Answer)
次のような所蔵あり。

・漢字んな話 2 前田安正/著 三省堂 2012.2 821.2
  ※p.24-25「【廿】 十が二つ並んでひと文字に」

・国語文字史の研究 12 国語文字史研究会/編 和泉書院 2011.3 811
  ※「位取り縦書き漢数字の発生と流布(永田高志)」のp.167-168に次の記述あり。

「・・・大正十一年大蔵省令第四十三号(会計法規ニ基ク出納計算ノ数字及記載事項ノ訂正ニ関スル件)では、
「第一条  会計法 規ニ基ク出納計算ニ関スル諸書類帳簿ニ記載スル金額其ノ他ノ数量ニシテ「一」、「二」、「三」、「十」、「廿」、「卅」ノ数字ハ「壱」、「弐」、「参」、「拾」、「弐拾」、「参拾」ノ字体ヲ用ユヘシ」とあり、誤記や誤読を防ぐための記述法であったことがわかる。・・・」

・新潮*日本語漢字辞典 新潮社/編 新潮社 2007.9 813.2
  ※p.754に「廿」 の項あり。

・新しい常用漢字と人名用漢字 漢字制限の歴史 Word-Wise Book 安岡孝一/著 三省堂 2011.3 811.2
  ※p「新しい人名用漢字一覧」のp..232に「廿」あり。平成16年の戸籍法施行規則改正により人名用漢字になったことがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
次の資料には見当たらなかった。

・この字なんの字不思議な漢字 馬場雄二/著 大修館書店 2011.4 821.2
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (821)
音声.音韻.文字  (811)
辞典  (813)
参考資料
(Reference materials)
前田, 安正 , 桑田, 真 , 笹原, 宏之 , 和気, 瑞江. 漢字んな話 2. 三省堂, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045675270-00 , ISBN 9784385364483
国語文字史研究会 編. 国語文字史の研究 12. 和泉書院, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011165392-00 , ISBN 9784757605831
新潮社 編. 新潮日本語漢字辞典. 新潮社, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009117834-00 , ISBN 9784107302151
安岡孝一 著. 新しい常用漢字と人名用漢字 : 漢字制限の歴史. 三省堂, 2011. (Word-Wise Book)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011161789-00 , ISBN 9784385365237
キーワード
(Keywords)
漢数字
漢字
日本語-文字
漢和辞典
漢字-歴史
言語政策-日本-歴史
戸籍法-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000143798解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!