このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143741
提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2014.2-03
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年01月21日 11時35分更新日時
(Last update)
2014年02月09日 14時40分
質問
(Question)
風呂敷は「包む」ものなのに、どうして名前に「敷」がつくのか。
回答
(Answer)
風呂敷の由来は諸説あり、文献によってさまざまな記載がある。

回答プロセスの資料より、なぜ「敷」がつくのか推測できる記載部分を案内。
回答プロセス
(Answering process)
1.『日本民俗大辞典 下 た〜わ・索引』(福田 アジオ/[ほか]編 吉川弘文館 2000年)p497
「ふろしき・風呂敷」の項目を見ると、「物を包む正方形の布地。平安時代には“平包み”と呼ばれていた。風呂敷の語は江戸時代初めには用いられたが、入浴の普及とともに広まったと見られ、“風呂場に敷いて足をぬぐう布の意”からとも、“風呂場に敷いて衣服を着脱したり、脱いだ衣服を包んだりしたため”ともいう」とある。

※その他、さまざまな分野の百科事典や辞典関連に「ふろしき」の項目が確認でき、2.3のように風呂敷の由来がわかる。

2.『日本大百科全書 20』(小学館 1994年)p756
“平包が風呂敷と名称を変えるのは、銭湯ができたことに起因する。当時の入浴は、現代のように全裸では入らず、男も女も風呂褌(ふんどし)をして入ったが、脱衣所で平包の上で身じまいをしたため”とある。

3.『国史大辞典 12』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1991年)p373.374
“手拭い、その他入浴に必要な品を包んで行き、入浴する時は脱衣などを包んでおき、帰りは濡れたものを包んで持ち帰った”とある。

※一般書にはより詳しく記載がある。

4.『和の暮らし大事典』(新谷 尚紀/監修 学研 2004年)
“風呂敷き”の言葉の由来については諸説あるとしたうえで、
① 蒸し風呂のスノコ板に敷いて使った。
② 風呂で湯上りのときに足拭(ふ)きとして使った。
③ 銭湯で自分の衣類を包むために使った。
の3つが紹介されている。「江戸時代に銭湯が普及してくると、他人の浴衣と区別するために自分のものを包むものとしての風呂敷きが使われました。しかし、銭湯に脱衣籠や棚が作られるようになったため、やがて風呂敷は、本来の用途とは違った使われ方をするようになりました」と書かれている。

5.『包み(ものと人間の文化史) 20』(額田 巌/著 法政大学出版局 1977年)
「風呂敷の由来」として詳しく書かれている。そのうち珍しい話として、「昔は高貴な方が風呂に入る時には、身体がじかに風呂の底の木部にふれることはおそれ多いので、これを避けるために四角な布を底に敷いて入浴された。そのためこの四角い布のことを風呂敷とよぶようになった」と紹介がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1.『日本民俗大辞典 下』(福田アジオ [ほか]編 吉川弘文館 2000年)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002910351-00 , ISBN 4642013334
2.『日本大百科全書 20 2版 ふ-へか』(小学館 1994年), ISBN 4-09-526120-X
3.『国史大辞典 12 ふ-ほ』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1991年), ISBN 4-642-00512-9
4.『和の暮らし大事典 : 日々の生活にとりいれたい!』(新谷尚紀 監修 学習研究社 2004年)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007303059-00 , ISBN 4053014301
5.『包み (ものと人間の文化史) 20』(額田 巌/著 法政大学出版局 1977年), ISBN 4-588-20201-4
キーワード
(Keywords)
風呂敷
名称
由来
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
その他
『近世風俗志 5 : 守貞謾稿』(喜田川 守貞/著 宇佐美 英機/校訂 岩波書店 2002年)p256 風呂敷の由来について記載あり。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000143741解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!