このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143739
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2013-016
事例作成日
(Creation date)
2013年6月12日登録日時
(Registration date)
2014年01月21日 11時21分更新日時
(Last update)
2015年04月08日 18時32分
質問
(Question)
ジョン・H・デフォレスト宣教師が来日したとき、新島襄と同じ船だったと聞いたことがありますが、書物で確認できますでしょうか?
回答
(Answer)
回答プロセスの資料をご案内しました。
回答プロセス
(Answering process)
1.同志社関連の資料を調査
(1)『同志社百年史』京都 : 同志社 , 1979
 通史編一、第一部第一章 ラットランドにおける新島襄に当該情報を発見。
 上記は、『ラットランド・ウィークリー・ヘラルド』記事。

(2)『同志社時報』
 同志社時報の目次情報から、第94号(1992) p. 49-54 に若山晴子「J.H. デフォレストと新島襄」の掲載を発見。
 現物を確認したところ、p. 49~50に新島襄とデフォレストが同じ船に乗船した旨が、p. 52に同じ船で横浜に入港した旨の記述が有り。

なお、『同志社山脈 : 113人のプロフィール』には当該情報なし。

2.ジョン・H・デフォレスト関連の資料を調査
(1)『C.B.デフォレストの生涯 : 美と愛の探求』竹中正夫著 創元社 , 2003
ジョン・H・デフォレストの娘である、C.B.デフォレストの伝記本。p. 15、p. 19に「1874年10月31日デフォレスト夫妻と新島襄がサンフランシスコ出帆のコロラド号で日本へ向かった」という旨が記載されている。

(2)『アメリカン・ボード200年 : 同志社と越後における伝道と教育活動』本井康博著 思文閣出版 , 2010
p. 196~「J・H・デフォレストと新島襄 -ラットランドから仙台へ-」(初出は『キリスト教社会問題研究』42号(1993) p. 56-82)にも同船していた旨の記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280)
参考資料
(Reference materials)
同志社社史史料編集所 [編]. 同志社百年史. 同志社, 1979. (NCID:BN01577053)
竹中正夫 著. C.B.デフォレストの生涯 : 美と愛の探求. 創元社, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004170596-00 , ISBN 4422143646 (NCID:BA61939605)
本井康博 著. アメリカン・ボード200年 : 同志社と越後における伝道と教育活動. 思文閣出版, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011049353-00 , ISBN 9784784215430 (NCID:BB03734522)
若山晴子. J.H. デフォレストと新島襄. 1992. 同志社時報 第94号 p. 49-54 (NCID:AN00382527)
同志社時報バックナンバー一覧.同志社大学. http://www.doshisha.ac.jp/information/public/doshishajihou/backnumber/list.html  (参照:2014-03-25)
同志社時報. 同志社., ISSN 03893111
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000016616-00
キーワード
(Keywords)
ジョン・H・デフォレスト
新島襄
コロラド号
同志社関係
DeForest
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000143739解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!