このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143028
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2012-028
事例作成日
(Creation date)
2012年08月24日登録日時
(Registration date)
2014年01月06日 15時56分更新日時
(Last update)
2015年04月13日 15時55分
質問
(Question)
明治25~30年に北海道に入植した人のうち、空知地方の農業・酪農関係者の単身者/有世帯者の人数と、個人入植/団体入植(団体数と所属人数)の人数が知りたい。本学所蔵資料で分かるものはないか。
回答
(Answer)
お求めの統計データそのものは見つかりませんでした。
本学で閲覧可能な資料でご参考になりそうなものをご紹介します。
詳細については回答プロセスもご参照ください。

・『北海道庁統計書』
 こちらは国立国会図書館近代デジタルライブラリーで閲覧可能です。
 第五回(明治25年)統計書では戸數及人口「第三十六 就籍及入籍」「第三十八 人員ノ出入」に空知郡の項目が有り、入植者総数、男女別数が入手出来ます。
 第七回(明治27年)統計書では「第三十三 移住者郡區別」で戸数・男女別人数が、「第三十五 移住者職業及郡區別」で職業別人数が入手出来ます。

・『移住者成績調査』第一編 明治39年 北海道廳第五部殖民課[編](復刻版 明治後期産業発達史資料第287)
 明治39年調査および『殖民公報』等の情報を元に「団体移住」「単独移住」別にまとめられています。
団体移住では、一部情報のみで全体の数値はわかりませんが、明治26年に三重から空知郡へ移住した団体の情報と姓名、人数(家族人数・労働人数)が、単独移住では空知郡への移住者が2名掲載されている他、概略も掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
1.本学契約データベース「ジャパンナレッジプラス」 見出し検索「空知」(参照 2014-01-31)
『日本国語大辞典』に“石狩川中流東岸から富良野盆地一帯を占める。明治二年(一八六九)石狩国の一郡として成立。同三〇年支庁開設の際、空知支庁に所属。”と有り。

2.本学OPAC検索 キーワード「空知」
・『北海道・東北の民俗(復刻版)』北海道編
「空知の開拓文化財:農業編」という文献が約90ページに渡って有り。
空知管内市町村沿革表や参考文献等が掲載されており入植状況についての情報を得ることが可能。

・『北海道農業発達史』(北海道立総合経済研究所編著)
 上記の参考文献として掲載。当該情報はなし。団体移民の情報と参考文献情報があり。

・『新撰北海道史』第4巻「第四章 移住民の増加と聚落、都市の発展 第二項 移住者の分布と戸口の増加」
p.346~「各十年間の移民分布」など
→著者作成の数値データ有り。“石狩”の項目は有るが、空知は無し。→『北海道庁統計書』『北海道拓殖年報』のデータを元に算出されている。
p.370~ 団体移住について記載あり。

・『新撰北海道史』第7巻 「管轄略譜・年表・統計・索引・編纂略程」
p.152~「來住者往住者戸口表」「來住者往住者職業別戸口表」などが掲載。
“石狩”の項目は有るが、空知は無し。『北海道庁統計書』を参照している。

・『北海道庁統計書』本学所蔵無し。国立国会図書館近代デジタルライブラリーで閲覧可能。
 第五回(明治25年)戸數及人口 「第三十六 就籍及入籍」「第三十八 人員ノ出入」
 →空知郡の項目有り。総数、男女別数のみで求めている項目は無し。
 第七回(明治27年)では「第三十五 移住者職業及郡區別」
 →職業別人数はあるが、求めている項目は無し。

・『北海道拓殖年報』第十一回 明治二十九年(復刻版 明治後期産業発達史資料第71)
 「来往民到達郡區別戸口」として空知郡の項有り。戸数と人員(人数)、男女別人数のみしか得られず。


3.本学OPAC検索 キーワード「北海道 移住」
・『移住者成績調査』第一編 明治39年(復刻版 明治後期産業発達史資料第287)北海道廳第五部殖民課[編]
 明治39年調査および『殖民公報』等の情報を元に「団体移住」「単独移住」別にまとめられている。
 ただし、“成功者の一部を挙けたるに過きす”と有り。
 団体移住では、明治26年に三重から空知郡へ移住した団体の情報と姓名、人数(家族人数・労働人数)が掲載されている。
 単独移住では空知郡への移住者が2名掲載されている。

4.本学OPAC検索 KW「北海道 開拓」
・『拓地殖民要録』(復刻版 明治後期産業発達史資料 第648)北海道庁 [編] <BA60977405>
 拓地殖民要録(北海道庁 明治25年刊)と北海道殖民状況報文(根室国)(北海道庁殖民部拓殖課 明治31年刊)の復刻版
 →情報は無し。

5.参考情報
以下は所蔵検索のみ実施(本学には所蔵無し)。
・『明治初年以降の空知管内人口推移(改訂)』 空知支庁[編]
・『空知の屯田兵 空知地方史研究協議』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
北海道地方  (211)
日本  (351)
参考資料
(Reference materials)
北海道. 北海道庁統計書 第5回. 北海道, 1912.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001462442-00  (参照:2014-02-05)
北海道. 北海道庁統計書 第7回. 北海道, 1912.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001607574-00  (参照:2014-02-05)
大島暁雄 [ほか]編. 北海道・東北の民俗 北海道編. 三一書房, 1995. (日本民俗調査報告書集成)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002473557-00 , ISBN 4380955761 (NCID:BN13550735)
北海道農業発達史. 北海道立総合経済研究所, 1963. (NCID:BN02129116)
明治後期産業発達史資料 第188巻. 竜渓書舎, 1994. (府県産業篇 ; 3)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002350029-00  (NCID:BN10918111)
北海道庁 編纂. 新撰北海道史 第4巻、第7巻. 清文堂出版, 1990. (NCID:BN05605616)
明治後期産業発達史資料 第71巻 (北海道庁拓殖年報 第11回). 竜渓書舎, 1991. (拓殖産業篇 ; 1)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002096086-00  (NCID:BN05997764)
移住者成績調査. 明治後期産業発達史資料 第287巻. 竜渓書舎, 1995. (府県産業篇 ; 5)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002470103-00  (NCID:BN13917512)
拓地殖民要録. 明治後期産業発達史資料 第648巻. 龍溪書舎, 2002. (拓殖産業篇 ; 3)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004085538-00  (NCID:BA60977405)
キーワード
(Keywords)
北海道空知地方
個人入植
団体入植
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000143028解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!