このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142951
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR13070056
事例作成日
(Creation date)
2013/9/5登録日時
(Registration date)
2013年12月31日 20時23分更新日時
(Last update)
2014年05月27日 21時46分
質問
(Question)
清少納言の父である清原元輔の和歌
「来し方も見えでながむる雁が音の羽風にはらふ床よ悲しな」(元輔集)
の現代語訳、注釈を知りたいです。

『和歌文学大系 52:三十六歌仙集 元輔集」(徳原茂実/校注 明治書院刊 2012.3)p.137-186 に掲載されていると思われます。
回答
(Answer)
ご質問に書かれています『和歌文学大系52』に、該当歌が掲載されていました。

『和歌文学大系52:三十六歌仙集2』(新藤協三/ほか著 明治書院 2012.3)当館請求記号【911.1/97N/52】貸出可
p.164に該当歌が掲載されており、注も記載されています。ただし、全体を通した現代語訳は書かれていません。また、注の記述もやや簡素なものです。

なお、当館ならびに中之島図書館では元輔集の注釈資料をそれぞれ1冊ずつ所蔵しています。

『元輔集注釈:私家集注釈叢刊6』(後藤祥子/校注・訳 貴重本刊行会 1994.11)【911.13/90N】貸出可
現代語訳ならびに「語釈」「補説」の項目が設けられています。(中央図書館所蔵)

『清原元輔集全釈:私家集全釈叢書8』(藤本一恵/著 風間書房 1989.8)
「通釈」「語釈」「参考」という項目に分けて記述されています。(中之島図書館所蔵)【224.5/551/#】貸出可

上記2点の資料は、内容的にはほぼ同一のようです。いずれも『和歌文学大系52』よりは詳細な内容になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
『和歌文学大系52』(新藤協三/ほか著 明治書院 2012.3) (164)
『元輔集注釈:私家集注釈叢刊6』(後藤祥子/校注・訳 貴重本刊行会 1994.11) (188-190)
『清原元輔集全釈』(藤本一恵/著 風間書房 1989.8) (176-177)
キーワード
(Keywords)
元輔集
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142951解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決