このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142946
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR13070091
事例作成日
(Creation date)
2013/9/6登録日時
(Registration date)
2013年12月31日 20時17分更新日時
(Last update)
2014年05月27日 21時43分
質問
(Question)
橋本左内(景岳)作の七言律詩。首聯が「飛雨蕭蕭孤雁鳴 壮心凛凛又堪驚」の詩題は「失題」なのか「逸題」なのか、どれが正しいのでしょうか。
また、作詩の時期(年月)についても教えてください。

『橋本景岳全集 上・下』(景岳会 1939)の漢詩と、『藜園遺草 上・下』(和泉屋金右衛門 明治4)を探しましたが、詩そのものを見つけられませんでした。もしかしたら七言律詩ではなく、排律・古詩の一部なのかもしれません。
回答
(Answer)
橋本左内の漢詩につきまして下記のとおり回答します。
1.原文の詩題は、正しくはどうなのか。
当該漢詩が収録されている資料を2点所蔵しています。いずれも詩題は「逸題」と書かれています。
・『剣舞と詩舞:図解コーチ』(関根峰子/ほか著 成美堂出版 1978)
「逸題」と題する漢詩の読み下し文と「大意」が記載されています。

・『叢書日本の児童遊戯3』(上笙一郎/編 クレス出版 2004.2)
『天下無敵剣舞術』の復刻版が収録されています。この『天下無敵剣舞術』に当該詩が掲載されています。ここでは「逸題」と題する漢詩の本文(返り点付き)とルビがふられています。なお、当資料には当該詩以外に同じく橋本左内の「逸題」(初句「残月滴露湿人袂」)と題する詩が収録されています。

以上のように当館所蔵資料では「逸題」と表記されています。ただし、関西吟詩文化協会のホームページのようにインターネット上には「失題」と表記されている例もあります。

なお、下記の資料には橋本左内の「失題」と題する詩が収録されています。
・『日本人の死生観:時代のヒーローたちのみごとな生きざま死にざま』(志村有弘/著 ニュートンプレス 1998.11)
「男児豪勇尚功名」という句から始まる詩が掲載されており、該当詩とは異なっています。

また、下記の資料には「逸題」「失題」ともに表記されています。
・「日本漢詩翻訳索引」(『参考書誌研究75』国立国会図書館 2011.9)
橋本左内の「逸題」は『振気興風高吟詩集正解』(上田竜岳/著 朝野書店 1912)ならびに『吟道詩歌集:増補改訂版』(大東吟道会 大東熟出版部 1997)に収録されているようです。府立図書館ではどちらの資料も所蔵しておりませんので、内容の確認ができません。また、「失題」と題する詩が2点記載されています。ひとつは初句「男児豪勇尚功名」という詩で、上記『日本人の死生観』に収録されていた詩です。もうひとつは初句「残月滴露湿人袂」と記載されており、上記『天下無敵剣舞術』では「逸題」と題された詩の出だしと同一です。この「残月滴露湿人袂」で始まる詩は『振気興風高吟詩集正解』に収録されているようですが前述のとおり所蔵していません。

このほか『橋本左内全集』や伝記なども調べましたが、「逸題」なのか「失題」なのか判然としませんでした。ただ、下記の資料に若干関連すると思われる記述がありました。
・『江戸漢詩選4:志士』(坂田新/注 岩波書店 1995.11)
この資料には橋本左内の漢詩も収録されていますが「逸題」または「失題」と題する詩は収録されていません。西郷隆盛の「逸題」と題する詩の箇所に「逸題は、佚題・失題に同じで、題が失われて伝わっていないという意味だが、作者自身がことさらに題を設けず、逸題と名づけることもある」と書かれています。橋本左内の事例ではありませんが、参考までに紹介しました。

2.作詩の時期(年月)はいつごろか。
当館所蔵資料には作詩時期について書かれている資料は見つかりませんでした。関西吟詩文化協会のホームページに橋本左内の当該詩が掲載されています。その備考欄に「安政4年(1857)から5年にかけ、風雲急をつげる中で、松平春嶽、島津齊彬(しまづなりあきら)、徳川齊昭ら一橋派の諸侯と開国論、一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)擁立運動にたずさわっていた頃の作である」と書かれています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漢詩文.日本漢文学  (919 8版)
参考資料
(Reference materials)
『剣舞と詩舞:図解コーチ』(関根峰子/ほか著 成美堂出版 1978) (36-37)
『叢書日本の児童遊戯3』(上笙一郎/編 クレス出版 2004.2) (122-123)
『日本人の死生観』(志村有弘/著 ニュートンプレス 1998.11) (230)
「日本漢詩翻訳索引」(『参考書誌研究75』国立国会図書館 2011.9) (195)
『江戸漢詩選4:志士』(坂田新/注 岩波書店 1995.11) (280)
失題(関西吟詩文化協会)(2013/8/4現在) ( http://www.kangin.or.jp/what_kanshi/kanshi_B11_2.html )
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142946解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!