このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142931
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR13060023
事例作成日
(Creation date)
2013/9/7登録日時
(Registration date)
2013年12月31日 20時03分更新日時
(Last update)
2013年12月31日 21時26分
質問
(Question)
ケプラーの法則について、小学生向けに解説されている資料を探しています。
回答
(Answer)
【ケプラーの法則とは】
ドイツの天文学者ヨハネス・ケプラーが発見した惑星の運動に関する法則で、下記の3種類があります。
第一法則:公転軌道はだ円軌道で、太陽はその中心ではなく焦点の一つである
第二法則:惑星が太陽を公転するとき、惑星と太陽をむすぶ道径が一定時間にえがく面積は一定である
第三法則:太陽と惑星の平均距離の3乗は公転周期の2乗に比例する
  ※『総合百科事典ポプラディア4(け・こ・さ)』(ポプラ社 2011.1)より抜粋(p39)


まず、『どの本で調べるか 小学校版3(きゅう?こよーて)』 (図書館資料研究会/編 リブリオ出版 1997.5)で「ケプラー」の項目(p117)を調べたところ、6冊の資料が紹介されていました。(この資料の2003・2006年版には記載なし)
その内、当館で所蔵している下記の資料について、内容を確認しました。

『宇宙(おもしろ科学史ライブラリー2)』(山田陽志郎/著 あかね書房 1993.3)
 →ケプラーの生涯や法則について、漫画や図表を多く用いて分かりやすく解説しています。(p26~45) 
『宇宙のなぞを解いた人々:コペルニクス・ティコ=ブラーエ・ガリレオ・ケプラー・ハーシェル・ヘール(さえら伝記ライブラリー)』(草下英明/著 さ・え・ら書房 1979)
 →「ケプラーの法則」という項目があり、法則についても比較的詳しく解説されていますが、文字が小さく、内容は高学年向きです。(p161~168)
『宇宙を観た人:コペルニクスからアインシュタインまで(平凡社カラー新書)』(中村誠太郎/著 平凡社 1977)
 →ケプラーについて言及している部分で法則にも触れていますが、小学生にとっては分かりにくい内容です。(p77~83)
『大地を動かした人びと:コペルニクスからニュートンへ(かもしか文庫)』(関口直甫/著 新日本出版社 1976)
 →ケプラーの生涯について解説した部分で法則にも触れていますが、小学生にとっては分かりにくい内容です。(p97~123)


次に、本の内容が調べられる東京都立図書館の蔵書検索で「ケプラー」で検索したところ、9冊の資料がヒットしました。(児童書を所蔵している多摩図書館の所蔵のみを検索)
その内、当館で所蔵している下記の資料について、内容を確認しました。
『まんが・写真教科書にでてくる最重要人物185人』(田代 脩/監修 学研教育出版 2013.6)
 →法則について簡潔に紹介しています。(p230)
『誰かに伝えたい!勇気がわいてくる科学者の言葉1』(海部 宣男/監修 金の星社 2012.12)
 →ケプラーについて紹介しているページで、法則についても簡単に触れていますが、それほど詳しくはありません。(p24~25)
『子供の科学』75(7)<915>(誠文堂新光社 2012.7 タイトルコード:29912000230645 請求記号:P40/16N)
 →ケプラーについては紹介されていますが、法則の内容についてはほとんど触れられていません。(p82~83)
『宇宙開発(天文・宇宙の科学)』(山田陽志郎/著 大日本図書 2012.3 タイトルコード:10021202013466 請求記号:J538/88N)
 →ケプラーについては紹介されていますが、法則の内容についてはほとんど触れられていません。(p11)
『楽しく作れる!役に立つ!中学生のリサイクル工作』(滝川 洋二/監修 成美堂出版 2007.6 タイトルコード:10020701205149 請求記号:J750/255N)
 →ケプラー式望遠用の作り方が紹介されていますが、法則には触れられていません。(p10~13)


その他、こども資料室の宇宙や科学に関する書架にも、法則について解説している資料がありました。
『宇宙の発見(人がつなげる科学の歴史2)』(池内了/日本語版監修 文溪堂 2010.2)
→「ケプラーのだ円」の項目で、ケプラー自身と法則について簡単に解説しています。(p10~11)
『スーパー理科事典:知りたいことがすぐわかる』(石井忠浩/監修 増進堂・受験研究社 2006.7)
 →ケプラーの法則について比較的詳しく解説していますが、内容が若干難しく高学年向きです。(p207)
『なるほど宇宙』(宇宙開発事業団/監修 宇宙環境利用推進センター 2002.3)
 →ケプラーについて解説した部分で、法則にも簡単に触れています。(p148~149)
『科学偉人伝:まんが発明発見の科学史』(ムロタニツネ象/まんが くもん出版 1997.2 タイトルコード:10000001298374 請求記号:J402/9N)
 →「地動説はついに勝利した!」の項目で、まんがで分かりやすく法則について解説しています。(p27~33)
『星・星座(学研の図鑑)』(堀源一郎/指導・執筆 学研 1979.3 タイトルコード:10000000943987 請求記号:J440/57N)
 →ケプラーの法則について簡単に解説しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
天文学.宇宙科学  (440 8版)
参考資料
(Reference materials)
『どの本で調べるか 小学校版3(きゅう?こよーて)』 (図書館資料研究会/編 リブリオ出版 1997.5)(ページ:117)
『宇宙(おもしろ科学史ライブラリー2)』(山田陽志郎/著 あかね書房 1993.3)(ページ:26-45)
『宇宙のなぞを解いた人々:コペルニクス・ティコ=ブラーエ・ガリレオ・ケプラー・ハーシェル・ヘール(さえら伝記ライブラリー)』(草下英明/著 さ・え・ら書房 1979)(ページ:161-168)
『宇宙を観た人:コペルニクスからアインシュタインまで(平凡社カラー新書)』(中村誠太郎/著 平凡社 1977)(ページ:77-83)
『大地を動かした人びと:コペルニクスからニュートンへ(かもしか文庫)』(関口直甫/著 新日本出版社 1976)(ページ:97-123)
『まんが・写真教科書にでてくる最重要人物185人』(田代 脩/監修 学研教育出版 2013.6)(ページ:230)
『誰かに伝えたい!勇気がわいてくる科学者の言葉1』(海部 宣男/監修 金の星社 2012.12)(ページ:24-25)
『宇宙の発見(人がつなげる科学の歴史2)』(池内了/日本語版監修 文溪堂 2010.2)(ページ:10-11)
『スーパー理科事典:知りたいことがすぐわかる』(石井忠浩/監修 増進堂・受験研究社 2006.7)(ページ:207)
『なるほど宇宙』(宇宙開発事業団/監修 宇宙環境利用推進センター 2002.3)(ページ:148-149)
とうきょうとりつとしょかん(こどもの本・ざっしをさがそう)(2013/9/7現在) ( https://catalog.library.metro.tokyo.jp/winj/opac/search-detail.do?lang=jh )
キーワード
(Keywords)
宇宙
惑星
公転
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142931解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!