このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142909
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR13040069
事例作成日
(Creation date)
2013/5/30登録日時
(Registration date)
2013年12月31日 19時40分更新日時
(Last update)
2014年05月28日 19時55分
質問
(Question)
教師の精神疾患について、その対策、取り組み方、施策、統計が載っている資料を知りたい。また、職場復帰できなかった場合のその後の追跡調査は行われているか。
回答
(Answer)
1.教員の精神疾患について:対策、取り組み方、施策

【Web】(2013/5/30現在)

「教職員のメンタルヘルスの現状と課題」 江澤和雄 
『レファレンス』63(1)<744>(国立国会図書館調査及び立法考査局 2013.1)p.5-28
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_6019125_po_074402.pdf?contentNo=1

「教職員のメンタルヘルス対策検討会議」文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/088/

「教職員のメンタルヘルス対策検討会議の最終まとめについて」
平成25年3月29日 文部科学省 初等中等教育企画課
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/088/houkoku/1332639.htm

「教員のメンタルヘルスの現状」平成24年3月4日 文部科学省 初等中等教育局初等中等教育企画課
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/088/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2012/03/16/1318684_001.pdf
のp.11-13に
5.教員のメンタルヘルスに関する取組
(1)各教育委員会の取組
(2)文部科学省の取組 の記述があります。

※都道府県の施策
「教職員のメンタルヘルスと 職場復帰支援の手引き - 京都市」京都市教育委員会 平成21年4月
http://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/cmsfiles/contents/0000061/61441/mentalhelth.pdf

「教職員の心の健康問題に関わる対応と職場復帰支援の手引き」京都府教育委員会 平成19年10月
http://www.kyoto-be.ne.jp/kyoshoku/cms/?action=common_download_main&upload_id=177

「小学校教職員のメンタルヘルスに関する実践的研究」
『研究紀要』(280号)(岡山県教育センター 2007.1)
http://www.edu-ctr.pref.okayama.jp/chousa/study/kiyoPDF06/fujiwara.pdf

「教員のメンタルヘルス対策について」(東京都教育委員会)
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/fukurikosei/mental_health.htm
「全国初!復帰訓練機関を設置しました」の記載があります。

【論文】

論文を検索するサイト「CiNii」から調査しました。(2013/5/30現在)

「「教師」という職業と精神疾患 (特集 今こそ問われる管理職のメンタルヘルス・マネジメント : 教職員の命・人生を守るために) -- (教職員のメンタルヘルスの実際を理解する) 」大石 智
『教職研修』 40(12) (教育開発研究所2012-08) p.26-28 当館所蔵なし

「都道府県ごとの教師の精神疾患を原因とした病気休職「発生率」のデータ報告Ⅱ ?平成19年度のデータを中心に? 」
高木 亮
『中国学園紀要』 (9)(中国学園大学/中国短期大学 2010.06.16) p. 73-80
http://cur-ren.cjc.ac.jp/495/1/009_073_080.pdf

「教師の精神疾患による休職者の増加についての一考察 」山上 賢一
『人間学研究』 (9) (中部人間学会 2010 ) p.45-49 当館所蔵なし

「都道府県ごとの教師の精神疾患を原因とした病気休職「発生率」のデータ報告--平成18年度のデータを中心に」
高木 亮
『中国学園紀要』 (8)(中国学園大学/中国短期大学2009.06)p. 109-115
http://cur-ren.cjc.ac.jp/647/1/008_109_116.pdf

「教師の精神疾患の予防 (特集 教員の仕事とこころ) 」小田 晋
『労働の科学』 59(8)( 労働科学研究所出版部2004.08)   p.453-458 所蔵あり

「学校現場におけるメンタルヘルスの状況 (特集・教師の精神疾患) 」藤田 文博
『人権21』 (169) (岡山部落問題研究所2004.04) p.15-20 当館所蔵なし

「教師の心の病と人権--ある中学校教諭が提出した依願退職願の取扱をめぐって (特集・教師の精神疾患) 」
A 教師 の 退職 問題 を 考える 会
『人権21』 (169)(岡山部落問題研究所2004.04) p.8-14 当館所蔵なし

「なぜ増える教師の自殺--教育現場に広がる精神疾患」平舘 英明
『金曜日』 11(25) (金曜日 2003-07.04 )p.51-53 所蔵あり

「公立「休職教師」3700人中の1/3が「精神疾患」という驚きの秘密 」
『週刊新潮 41(44) (新潮社1996.11.21) p.150-153 所蔵あり

「教師のストレスと精神疾患 (教育ストレス<特集>)」北村 陽英
『教育と医学』 38(1) (慶應義塾大学出版会 1990.01) p.52-58  所蔵あり

「精神疾患5200人超す高水準 : 不適切教員は予備軍が課題 : 文科省調査 」
『内外教育』 (6216) (時事通信社2012.12.28) p.10-11 当館所蔵なし

「教員のうつ病発症・休職に伴う解雇--J学園(うつ病・解雇)事件[東京地裁平成22.3.24判決] (特集 メンタルヘルス対策) -- (判例編 精神疾患発症の業務起因性をめぐるトラブル) 」
『月刊人事労務』 23(9) (日本人事労務研究所 2011.09) p.59-62  当館所蔵なし

「子ども・教育と裁判 判例研究 精神疾患に罹患した教員に関する公務災害・安全配慮義務・解雇[大阪地裁平成22.3.29判決] 」
大原 利夫
『季刊教育法』 (168) ( エイデル研究所 2011.03) p.68-74  所蔵あり

「増える精神疾患--病気休職教員は5458人 09年度文科省調査 」
『内外教育』 (6050) (時事通信社 2011.01.14) p .10  当館所蔵なし

「事例で考える実践教育法規セミナー(第10回)不適格教員と児童・生徒の教育を受ける権利--精神疾患、指導力不足 (2006 学校管理職研修) 」坂田 仰
『総合教育技術』 60(13) (小学館 2006.01) p.146-149  当館所蔵なし

「疾患等(特に精神疾患)の場合の受診指導,復職の判断 (「指導力不足教員」読本--学校経営と指導力不足教員への支援・対応) -- (指導力不足教員への支援・対応システム) 」北村 陽英
『教職研修総合特集』 (146) (教育開発研究所 2001.06) p. 90-93  当館所蔵なし

「精神疾患による休職教員のためのデイケアの試み 」武田 信子
『武蔵大学人文学会雑誌』 27(1) (武蔵大学人文学会1995.09) p.224-203  所蔵あり

【図書】

『先生が壊れていく:精神科医のみた教育の危機』(中島一憲/著 弘文堂 2003.7)【374.3/167N】
学級崩壊、校内暴力、いじめ、不登校…。教育現場の混乱と危機の背景の一部として「心を病む教師」「不適応教師」の存在が指摘されるようになった。心を病む教師を長年にわたり診察してきた精神科医の警告と提言。

『「職員室」の心の病』(大原健士郎/著 講談社 1997.7)【493.7/624N】
理想の教育を求めれば求めるほど現実とのギャップに悩む現場の先生たち。医者が手こずる患者である“先生”の隠された精神性疾患の病理を、具体的症例をあげて明かす。

『教師のストレス総チェック:メンタルヘルス・ハンドブック』(中島一憲/編著 ぎょうせい 2000.7)【374.3/138N】
様々な教育現場に携わる人々がこころの健康をたもつために、日頃のストレスによる心身の変調を具体的に洗い出し、学校現場と医療専門家、双方の視点からその理解や対応法を示す。

2.統計

【Web】(2013/5/30現在)

平成22年度 教育職員に係る懲戒処分等の状況について
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/jinji/1314343.htm
?資料19 復職支援プログラムの概要 (PDF:195KB) http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/1314343_19.pdf
資料20 教育職員のメンタルヘルスの保持等にかかる取組状況について(市区町村集計) (PDF:90KB)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/12/22/1314343_20.pdf

【図書】 
『学校教員統計調査報告書:平成22年度』(文部科学省生涯学習政策局調査企画課/編 2012.3)【374.3/42N】p.214- 「教員異動調査」の項目があり、p.234(幼稚園),248(小学校),258(中学校),276(高等学校)に「離職の理由別 年令区分別 離職教員数」の記載があります。
 
3.職場復帰できなかった場合のその後:追跡調査等
 その後の追跡調査はみあたりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 8版)
参考資料
(Reference materials)
『先生が壊れていく:精神科医のみた教育の危機』(中島一憲/著 弘文堂 2003.7)
『「職員室」の心の病』(大原健士郎/著 講談社 1997.7)
『「職員室」の心の病』(大原健士郎/著 講談社 1997.7) (214-)
CiNii:論文情報ナビゲーター(2013/5/30現在) ( http://ci.nii.ac.jp/ )
「教職員のメンタルヘルスの現状と課題」 江澤和雄 (2013/5/30現在) ( http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_6019125_po_074402.pdf?contentNo=1 )
「教職員のメンタルヘルス対策検討会議」文部科学省(2013/5/30現在) ( http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/088/ )
「教職員のメンタルヘルス対策検討会議の最終まとめについて」(2013/5/30現在) ( http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/088/houkoku/1332639.htm )
「教員のメンタルヘルスの現状」平成24年3月4日 文部科学省 初等中等教育局初等中等教育企画課(2013/5/30現在) ( http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/088/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2012/03/16/1318684_001.pdf )
「教職員のメンタルヘルスと 職場復帰支援の手引き - 京都市」京都市教育委員会 平成21年4月(2013/5/30現在) ( http://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/cmsfiles/contents/0000061/61441/mentalhelth.pdf )
「小学校教職員のメンタルヘルスに関する実践的研究」(2013/5/30現在) ( http://www.edu-ctr.pref.okayama.jp/chousa/study/kiyoPDF06/fujiwara.pdf )
「教員のメンタルヘルス対策について」(東京都教育委員会)(2013/5/30現在) ( http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/fukurikosei/mental_health.htm )
「都道府県ごとの教師の精神疾患を原因とした病気休職「発生率」のデータ報告Ⅱ —平成19年度のデータを中心に— 」(2013/5/30現在) ( http://cur-ren.cjc.ac.jp/495/ )
「都道府県ごとの教師の精神疾患を原因とした病気休職「発生率」のデータ報告--平成18年度のデータを中心に」(2013/5/30現在) ( http://cur-ren.cjc.ac.jp/647/ )
キーワード
(Keywords)
教師 教員 精神疾患 メンタルヘルス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142909解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!