このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142885
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR13020024
事例作成日
(Creation date)
2013/02/13登録日時
(Registration date)
2013年12月31日 19時15分更新日時
(Last update)
2014年04月16日 10時48分
質問
(Question)
中3の社会の調べもの学習で
「アラビアンナイトの世界?14世紀前後のムスリム商人の活躍について?」
というテーマで本を探すことになりました。

時代&地域を絞り込むため、社会の担当教員に確認したところ

時代:14世紀がベストだが、多少時代が前後してもかまわない。
地域:ムスリム商人が活躍した地域
(シリアのダマスカス?イラクのバクダッド?イラン?アフガニスタンのカブールあたり?)
が中心かと思われるが、シルクロードのオアシスの道なども範囲に含まれるかもしれない
とのことでした。

この調べもの学習の狙い、というか到達点の内容としては

・シルクロードのオアシスの道(絹の道)
・オアシス民の生活や街の様子
・砂漠の中の市場(バザール、スーク)の様子
・キャラヴァンサライ(隊商宿)について
・ラクダが「砂漠の船」である理由
・イスラム商業が栄えた理由
 (コーランの商業倫理、中世のイスラム圏=商業圏、アッバス朝の商業の保証など)

などだそうです。上記の内容が完全に網羅されている本となると難しいですが
こういった内容が、扱われている児童向けの学習資料や、図解されているものが存在すれば
資料名をお教えいただきたいと思います。

中学3年とはいえ、調べもの学習の機会のほとんどなかった生徒たちですので、小学生向けに出版されているもの、あるいはイラストの多い本だとありがたいです。

『日本とのつながりで見るアジア 過去・現在・未来 6
西アジア アフガニスタン/アラブ首長国連邦/イエメン/イスラエル/イラク/イラン/オマーン/カタール/キプロス/クウェート/サウジアラビア/シリア/トルコ/バーレーン/パレスチナ/ヨルダン/レバノン』ISBN:978-4-265-04866-3

『図説アラビアンナイト』ISBN:978-4-309-76046-9
『アラビアンナイト博物館』ISBN:978-4-88591-910-7
『精密イラスト・古代文化シリーズ イスラムとオスマン帝国編』ISBN: 978-4037430405

は入手してあります。
回答
(Answer)
1 すでに確保されている資料以外で、こども資料室で確認できた資料は以下のものです。

1)~5)は、図表も多く、小・中学生向けの内容で、
イスラーム世界を全般的に調べることもできる資料です。

1)『カラーイラスト世界の生活史 27:イスラムの世界』の「イスラム世界の夜明け」(p12)に「隊商」や「<砂漠の船>とも呼ばれるひとこぶらくだ」が紹介されています。
2)『図説探検の世界史 12:砂漠への挑戦』の「2イスラムの旅行者」(p16-)にキャラバンはじめお探しのもに近いものが紹介されています。
3)『シリーズ世界のお祭り 2:イスラム教のお祭り』のp8に隊商の絵が掲載されています。
4)『精密イラスト・古代文化シリーズ 4:イスラムとオスマン帝国編』に「隊商宿<ハン>」(p14)、「大バザール」(p16)があります。
5)『体験取材!世界の国ぐに 39:トルコ』に「モスクと市場の関係」(p14-15)でバザールが紹介されていますが、写真などは現代のものです。

『パノラマ世界の歴史』には「アラビアの商人たち」(p104)が紹介されており、
他地域や他の時代も含めて調べることができます。

また『国際理解を深める世界の宗教 3 イスラム教』(ポプラ社 2005.3)では、
イスラーム教全般について書かれています。
p36-37 には、イスラーム教と宗教との関係について書かれています。

シルクロード関係では
・『新シルクロード遙かなる四千年の旅路(みち):Comic version』
・『ジュニア版NHKスペシャル文明の道 3:東西文明の融合とユーラシア統一の夢』などがあります。
当館蔵書検索で「件名:シルクロード」「書誌種別:児童書」で検索していただければ、児童書で上記以外のものもご確認いただけます。

2 次に、商業・商人、民族、ラクダの観点から社会自然系資料室で調査した結果、参考になりそうな資料を紹介します。
残念ながら中学生にぴったりのものは見当たりませんでしたが、比較的わかりやすいと思われるものです。

○事前調査されている、とてもわかりやすいと思われる
・『図説アラビアンナイト』(西尾哲夫/著 河出書房新社 2004.5)

・『特別展 アラビアンナイト博物館』(国立民族学博物館/編 東方出版2004.9)
に記載されている参考文献を中心に資料を確認しました。

・『ラクダの文化誌:アラブ家畜文化考』(堀内勝/著 リブロポート 1986.3)645.9/1 10000000614205
人間とラクダの係わりについて全般的に記述された資料で、ところどころ『アラビアンナイト』についても触れられています。
口絵6、7、8、9は食肉用のラクダの写真があります。
また、第14章ラクダが運ぶ-駄用ラクダ(p241-)、第15章ラクダが引っ張る-牽引用ラクダ(p258-)、第16章ラクダに乗る-乗用ラクダ・旅行用ラクダのこと(p274-)の記載がありました。

・『図説 科学で読むイスラム文化』(ハワード・R・ターナー/著 青土社 2001.1)402.2/19N 10000001703163
これは、ムスリム商人に関するものではありませんが、そこそこ図版が多く、イスラム文化における科学の一端は知れる資料と思いましたが、質問の趣旨からは離れているかもしれません。

・『イスラームを学ぶ人のために』(山内昌之/編・大塚和夫/編 世界思想社 1993.11)302.2/230N 10000000044585
p225-239に加藤博による「商人論-イスラーム文明論の解読」があり、p227からイスラム商業の栄えた理由について述べられていました。

・『イブンバットゥータの世界大旅行:14世紀イスラームの時空を生きる(平凡社新書)』(家島彦一/著 平凡社 2003.10)L33/199N 10000001953579
以下は「BOOKデータベース」の紹介文です。
「モンゴルがユーラシア大陸を席巻していた十四世紀。広大なイスラーム世界と、隣接するアジア・アフリカを生涯かけて旅してまわった男がいた。その長大な記録『大旅行記』の日本語完訳者が、イブン・バットゥータの旅の全容をたどり、そこから浮かびあがる、かつての世界システムの姿を描き出す。移動・交通・交易の活気、多文化混淆の豊穣さ。波瀾万丈の旅から「近代以前」の世界がみえてくる。」

○その他、次のような資料もありました。
・『商人たちの共和国 世界最古のスーク、アレッポ』(黒田美代子/著 藤原書店 1995.7)322.2/461N 10000000517698 p31-60 第一章「アレッポと交易の歴史」に、「世界最古の交易都市アレッポ」という内容で、シリアでダマスカスに次ぐ第二の都市にあたるアレッポの数千年にわたる歴史を紹介しています。
巻頭にアレッポ、スーク等のモノクロ写真が数点あります。
本書の全体テーマは「アラビア語でスーク、ペルシャ語でバザールと呼ばれる中東の伝統的市場での積年のフィールドワークをもとに、差異を活力とするイスラームの経済システムを明らかにする」というものです。

ラクダが「砂漠の船」と呼ばれる理由については、
・『アラビア遊牧民』(本多勝一/文、藤木高嶺/写真 朝日新聞社 1966)292/5 10000000414137
p73-74に説明があります。これによると、アラビア半島(サウジアラビア)のベドウィンは、ラクダの乳を水代わりに飲むため、「ラクダと共にいるかぎり三カ月間水なしでも平気」で、「食糧庫と水タンクを持ったガソリンのいらぬ車に乗っているようなもの」ということです。
本書のp59-86は「ラクダに人間が飼育されるような生活」という章で、遊牧民のラクダとともにある生活について詳しく書かれています。
写真はカラーを含め数点あります。

ちなみに、
・『西南アジア遊牧民族記(歴博ブックレット)』(松井健/著 歴史民俗博物館振興会 2000.10)389.2/180N 10000001864986
p55-61に「遊牧民とラクダ」という内容が書かれていますが、これによると、西南アジア地方においてラクダは「乗り物」であり肉や乳が食用にされることはないようです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
児童文学研究  (909 8版)
参考資料
(Reference materials)
『カラーイラスト世界の生活史 27:イスラムの世界』(東京書籍 1989.9) (12)
『図説探検の世界史 12:砂漠への挑戦』(集英社 1976 ) (16-)
『シリーズ世界のお祭り 2:イスラム教のお祭り』(同朋舎出版 1989.2 ) (8)
『精密イラスト・古代文化シリーズ 4:イスラムとオスマン帝国編』(偕成社 1991.4 ) (14,16)
『パノラマ世界の歴史』(プランタジネット・S・フライ/著 講談社 1996.3 ) (104)
『体験取材!世界の国ぐに 39:トルコ』(ポプラ社 2009.3 ) (14-15)
『新シルクロード遙かなる四千年の旅路(みち):Comic version 』(長澤和俊/監修 日本放送出版協会 2005.2 )
『ジュニア版NHKスペシャル文明の道 3:東西文明の融合とユーラシア統一の夢』(NHK「文明の道」プロジェクト/編 汐文社 2004.4)
『国際理解を深める世界の宗教 3 イスラム教』(ポプラ社 2005.3 ) (36-37)
キーワード
(Keywords)
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142885解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!