このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142848
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR12100087
事例作成日
(Creation date)
2012/11/06登録日時
(Registration date)
2013年12月31日 18時36分更新日時
(Last update)
2014年04月09日 17時59分
質問
(Question)
・「大工と鬼六」「ルンペルシュティルツヒェン」「トム・ティット・トット」のように
 『人間が鬼や悪魔的な小人に頼みごとをし、その代償に命や子供、結婚を要求される』『しかし、鬼や小人の名前を当てることで、相手は負けを認めて逃げ出し、災難に合わずに済む』というお話があります。

1)上にあげた3つの例以外に、類似した内容の別の物語を読んでみたい。
 (上三つは、インターネットで検索して内容を知ったので、
  何か思い入れのある本があるというわけではないです。)
 世界のどの地域のおはなしでも構いません。創作でも面白いものなら読んでみたい。

2)『名前を当てることで、鬼や小人は強制する力を失って逃げ出す』
 (そして鬼や小人も「自分の名前を当ててみろ」と要求する)
 というモチーフが興味深いので、この部分に言及した児童文学の研究書があるなら読んでみたい。
 できれば大阪府内の図書館で借りられるものがよいですが、無理なら構いません。

現在わかっていることは
『類似している話でタイトルをはっきり確認できたのは、先にあげた3つだけ』
『魔力を持つものは名前を知られると、その魔力を失うとされていた』
ということのみです。

参照したHPは
『Wikipwdia-ルンペルシュティルツヒェン』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%92%E3%82%A7%E3%83%B3

『お話歳時記-ルンペルシュティルツヒェン』
http://www.pleasuremind.jp/COLUMN/COLUM071.html
回答
(Answer)
1:類話について
『世界の民話 25:解説編』に掲載の「索引Ⅰ アールネ=トムソン『昔話の型』による索引」、「索引Ⅴ 日本の話形名またはモティーフ名による索引」によると以下の類話が紹介されていました。
・「索引Ⅰ アールネ=トムソン『昔話の型』による索引」
AT500 援助者の名前 [類話]イギリス3番 トム・チート・トート、北欧51番 トリレウィプ、[グリム]KHM55番 がたがたの竹馬小僧
*(「がたがたの竹馬小僧」は「ルンペルシュティルッヒェン」です。(『小人、怪物、大男(グリム・コレクション 4)』(ヤーコプ・グリム/著 パロル舎 2001.9)84pより)
・「索引Ⅴ 日本の話形名またはモティーフ名による索引」
大工と鬼六[類話]イギリス3番 トム・チート・トート、ドイツ・スイス23番 トゥンダ、ロートリンゲン36番 アントニウス・ホーレクニッペル

すでにご存知以外のものが収録されているものは、以下のとおりです。
・「トリレウィプ」(『世界の民話 3:北欧』(小沢俊夫/編 ぎょうせい 1979)収録)
・「トゥンダ」(『世界の民話 1:ドイツ・スイス』(小沢俊夫/編 ぎょうせい 1977)収録)
・「アントニウス・ホーレクニッペル」(『世界の民話 14:ロートリンゲン』(小沢俊夫/編 ぎょうせい 1979)収録)

『グリム童話を読む事典』(高木昌史/著 三交社 2002.2)では、「ルンペルシュティルツヒェン」の解説(85-87p)の中で、「グリム以前に、フランスのマリー-ジャンヌ・レリティエ・ド・ヴィランドンの妖精物語『リクダン・リクドンの物語』(1705年)がある」という注釈と類話紹介で次の3作品が挙げられています。
「リカベール・リカドン」(『フランス民話集』新倉朗子/編訳 岩波文庫 1993に収録)
「悪魔の名前」(『エスピノーサ スペイン民話集』三原幸久/編訳 岩波文庫 1989に収録)
「トム・ティット・トット」(『イギリス民話集』河野一郎/編訳 岩波文庫 1991に収録)
また、p383~の類話対応表によると、「ルンペルシュティルツヒェン」のKHM番号55番に対応しているのは
『フランス民話の世界』(樋口淳・樋口仁枝/編訳 白水社 1989)(Ⅱ-12)「ロピケ」
ヨーロッパの昔話との対応表では前述の「トリレウィプ」(北欧)、「トゥンダ」(オーストリア)、「アントニウス・ホーレクニッペル」(ロートリンゲン)、「トム・チート・トート」(イギリス他)、「大工と鬼六」(日本)です。

また、『ガイドブック世界の民話』の「ルンペルシュティルツヒェン」(84-86p)に「この話型は、ドイツ、スカンジナビアを中心にヨーロッパで広く語られていますが、発端の類似から、「三人の糸紡ぎ女」としばしば混同されています。小人の名は、トム・ティット・トット(英)、チィテリリュリ(スウェーデン)、フリーメル、フルムペンシュティール(独)など意味不明の長い名、すっからかん(ラトビア)、土曜日(ルーマニア)など変わった名があります。なお、名前を当てるというモチーフは文学作品にもしばしば使われていますが、なかでもエリナ・ファージョンの『銀のシギ」にはイギリスの民話「トム・ティット・トット」の話がそっくり使われています。」と記載され、小人の名を『世界の児童文学登場人物索引:アンソロジーと民話・昔話集篇』(DBジャパン/編集 DBジャパン 2005.6)で調べてみましたが、上述以外のおはなしは見つかりませんでした。

『ガイドブック世界の民話』で紹介されている『銀のシギ』の「訳者あとがき」(279-291p)にもイギリスの昔話「トム・ティット・トット」を題材に使っていると紹介されています。

「ルンペルシュティルツヒェン」を題材にした物語として、次のような作品もあります。
『六つのルンペルシュティルツキン物語(Sogen bookland)』(ヴィヴィアン・ヴァンデ・ヴェルデ/著 東京創元社 2005.2)

『日本昔話ハンドブック』(稲田浩二/編 三省堂 2001.7)の「大工と鬼六」の〔背景と解説〕に「大工と鬼六」の原話となったとされる北欧の伝説は、聖人が教会を建てようとしているとトロルが「自分の名前を言い当てるか、目玉と心臓をよこすか」の条件で教会を建てようと提案する。」(136p)とあり、北欧の伝説にも類話があることが伺えます。

『日本昔話事典』(稲田浩二/ほか編 弘文堂 1977.12)によると、「大工と鬼六」は採集例の少ない話とあり、外国でモチーフが一致する話として「悪魔と悪魔のばあさま」(KHM125、AT812)があると書かれています。KHM125は『グリム童話を読む事典』でのタイトルは「悪魔とそのおばあさん」、AT812は『日本昔話通観 28巻 昔話タイプ・インデックス』でも「大工と鬼六」の対応タイプとされています。ほかにAT812は「蟹問答」「化け物問答」も同タイプとされています。

2:研究書について
『昔話と語りの現在(日本児童文化史叢書20)』(櫻井美紀/著 久山社 1998.10) p46-75「「大工と鬼六」の出自」

雑誌『民話の手帖 第33号』(1987.10 日本民話の会) p108-125「「大工と鬼六」の周辺」
雑誌『みんぱく 第8巻第7号第82号』(1984.7 千里文化財団) p20-21 民話の世界31「巨人の建てた協会」
フィンランドの巨人伝説で「大工と鬼六」との共通点があると示しています。鬼や悪魔との契約、相手の名をいいあてて自由を獲得するモチーフは世界中の昔話に広く知られているとも書かれています。
『みんぱく 第9巻第3号第90号』(1985.3)p22 Q&Aで「巨人の建てた協会」のモチーフの民族学的考えを問われ、回答が掲載されています。「相手の名を知ることが、相手の正体を知ることであり、これによって、えたいの知れぬ相手はその魔力を喪失するか、社会の秩序に従う、というかんがえがあるとおもわれます。」とあります。

雑誌『子どもと昔話 43』(2010.4 小澤昔ばなし研究所)「昔話に出てくる登場人物にはどんな名前があるの?」(32-34p)の中に、「大工と鬼六」に関連することが記載されています。そこで紹介されている『昔話研究の諸相』(小沢俊夫教授喜寿記念論文集編集委員会/編 昔話研究土曜会 2007.7)収録の「日本昔話における登場者の名前のイメージ」に詳しく掲載されているようです。『昔話研究の諸相』は国際児童文学館で閲覧が可能です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『世界の民話 25:解説編』(小沢俊夫/編 ぎょうせい 1979 )
『ガイドブック世界の民話』(日本民話の会/編 講談社 1988.8 ) (84-86)
『グリム童話を読む事典』(高木昌史/著 三交社 2002.2 (85-87)
『日本昔話ハンドブック』(稲田浩二/編 三省堂 2001.7 ) (136)
『日本昔話事典』(稲田浩二/ほか編 弘文堂 1977.12)
『昔話と語りの現在(日本児童文化史叢書20)』(桜井美紀/著 久山社 1998.10 )
『銀のシギ』(ファージョン/作 岩波書店 1975.11 )
『六つのルンペルシュティルツキン物語(Sogen bookland)』(ヴィヴィアン・ヴァンデ・ヴェルデ/著 東京創元社 2005.2)
キーワード
(Keywords)
民話 昔話 類話 パターン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142848解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!