このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142415
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2275
事例作成日
(Creation date)
2013/06/04登録日時
(Registration date)
2013年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年12月26日 00時30分
質問
(Question)
2011年3月11日の福島原子力発電所の事故後に、日本から去って行った
在留外国人、主にドイツ、アメリカ、フランス、イギリスの人数を知りたいです。
また、2008年、2011年、2012年の上記の国の在留人数を
調べることのできる資料を教えてください。
なお、法務省の統計資料は2011年までしか見つけられませんでした。
回答
(Answer)
1 横浜市立図書館所蔵の資料
 (1) 『出入国管理統計年報』 (法務省大臣官房司法法制部編)
    〔国別の外国人の出国状況がわかります。〕は、平成19年(2007年)版以降、
    刊行されていません。
 (2) 『在留外国人統計』(入管協会刊)
    本平成24年(2012年)版まで刊行されています。
    〔国別、在留資格別の外国人の在留状況がわかります。〕
   ただし、当該データは、平成23年(2011年)末現在の状況です。

2 インターネット上の情報源
  法務省のホームページで、出入国管理統計統計表の月報が2007年1月から
  2013年6月分まで掲載されています。(2013年9月19日現在)
  
  登録外国人統計統計表は、年報で2011年分までの公開となりますので、
  東日本大震災後の状況の推移をみる場合、「出入国管理統計統計表」の方が
  適しているようです。
  本表で、国別、在留資格別の外国人の出国状況がわかります。 
  ※ただし、前月比増減等はありません。
  法務省トップページ > 白書・統計 > 統計 > 法務省の統計 >
  【統計表一覧】 > 出入国管理統計統計表
   http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_nyukan.html
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口.土地.資源  (334 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000142415解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決