このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142412
提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2272
事例作成日
(Creation date)
2013/04/24登録日時
(Registration date)
2013年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年12月27日 18時13分
質問
(Question)
国宝「十便十宜図」は明末清初の劇作家李漁の詩句を元に
池大雅と与謝蕪村が絵を寄せたものです。
李漁の詩は、もともと「十便十ニ宜詩」だったようですが、
ニつの詩句は削除されてしまったのでしょうか。
回答
(Answer)
「十便十二宜」はもともと「十宜」しかなかったようです。
横浜市立図書館では「十便十二宜」の原詩の所蔵はありませんが、
インターネット上で閲覧することが可能です。
「Google Books 笠翁一家言全集: 笠翁詩集, 第 2 巻 著者: 李漁 ( http://books.google.co.jp/books?id=OOtRAAAAcAAJ&hl=ja&pg=PT519#v=onepage&q&f=false
 ページの左側にある書名・著者名の下の検索枠に「伊園十便」と入力すると、
 該当部分を読むことができます。
 なお、この資料でも「十二宜」となっていますが、「十宜」しか掲載されていません。

1 李漁について
  まず李漁について確認しました。
(1)『中国学芸大事典』 近藤春雄/著 大修館書店 1978.10
  p.794に「りぎょ 李漁」の項があり、字が嫡凡、号が笠翁であることがわかりました。
  また、「李漁と十便十宜詩 神田喜一郎・古原宏伸(十便十宜画冊 筑摩書房複製)」が
  紹介されていますが、当館では所蔵していませんでした。

(2)『和漢詩歌作家辞典』森忠重/著 みづほ出版 1972
  p.846に「李漁 りぎょ」の項があり、「字は笠翁、号は湖上笠翁」とありますが、
  十便十宜についての情報はありませんでした。
(3)『全訳中国文学大系 第1集 第23巻』東洋文化協会 1958
  巻末の「覚世名言十二楼解題」のp.1~に作者の略歴などが載っています。
  p.11に「李漁の詩・文・詞・随筆を集めたものとしては<笠翁一家言>十六巻がある」と
  ありますが、「十便十二宜」についての記載はありませんでした。

2 「十便十宜」について
  当館蔵書検索およびCiniiで検索を行い、「十便十宜」の解説資料の中で
  李漁の原詩について解説している部分を確認しました。
  複数の資料で、原詩も十首しかないことに言及しています。
(1)「「十便十宜画帖」考」 藤田真一 
   (『国文学 解釈と鑑賞』2001年2月号 p.128~)
   p.130
   「問題になるのは、「十宜」のほうである。詩集の題には、「伊園十二宜」
   (伊園は笠翁の別業)とあって、ふたつおおい数がしめされている。
   ところが、実際の詩としては十詩しか収録されていない。十便にあわせるために、
   十二を十に削ったわけではないのだ。「十二宜」と題があるのに、原詩からして
   すでに十詩のみだった。稿本では十二であったのが、版本の段階で二詩が
   落ちたかなどという推測もあるが、これも判然としない」

(2)『生と死の図像学 明治大学人文科学研究所叢書』 林雅彦/編 至文堂 2003.3
 「第六章 「十便十宜図」を読む 徳田武」の中に、次のようにあります(p。271)。
  「「十便十宜図」は清の李漁(一六一一~七九あるいは八〇)の
    『笠翁一家言全集』巻之七に収まる「伊園十便」「伊園十二宜」(実際には
   十首しか存しない)各十首、全ニ十首の七絶を、それぞれ絵画化したものである」
(3)「「十便十宜図」を読む」 小林忠 徳田武 (『江戸文学』17号 p.2~)
  p.3に次のようにあり、p.4には『笠翁詩集』が写真で掲載されています。
  「徳田…李漁の『笠翁詩集』(巻七)に「十便十二宜詩」がありまして、その序に
この詩の成立事情が書いてあります。ここには「伊園十便詩」があり、続いて
「伊園十二宜詩」があります。「十二宜詩」は、実際には十首しか存して
   いないので、「十宜詩」です。」

3 李漁の「十便十二宜」が所収されている資料について
 1~2の情報を元に、当館蔵書検索で「李漁」「笠翁」「笠翁一家言全集」
「伊園十便」「伊園十二宜」などを検索をしましたが、「十便十二宜」が所収
されている資料は見つかりませんでした。。
 『笠翁一家言全集』を山口県立山口図書館、石川県立図書館で所蔵しています。
Google Booksで『笠翁一家言全集』検索をしたところ、次のページで
  「伊園十便」「伊園十二宜」が閲覧できることがわかりました。
  「Google Books 笠翁一家言全集: 笠翁詩集, 第 2 巻 著者: 李漁」

4 その他の確認資料
(1)『国宝への旅 6 NHKライブラリー』 
   日本放送出版協会/編 日本放送出版協会 1997
(2)『NHK国宝への旅 第14巻』 
   NHK取材班/著 日本放送出版協会 1988
(3)「終の栖を得た「十便十宜」」三山進
  『芸術新潮 1972年1月号』 p.105~)
(4)「「十便十宜図」を読む」徳田武
  『江戸文学 18号』 p.16~
(5)『漢詩大系 第22巻 清詩選』 集英社 1967
(6)『漢詩の事典』 松浦友久/編 大修館書店 1999
(7)『墨場必携明詩選』 林田芳園/編 二玄社 1997
(8)『墨場必携続明詩選』 林田芳園/編 二玄社 1999
(9)『墨場必携明清古詩選』 林田芳園/編 二玄社 1997
(10)『中国古典文学大系 第19巻 宋・元・明・清詩集』 平凡社 1973
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (280 8版)
人生訓.教訓  (159 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000142412解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!