このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142388
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13092211566056
事例作成日
(Creation date)
2013/09/13登録日時
(Registration date)
2013年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「猫も杓子も」ということわざがあるが、猫と杓子にはどんな関係があるのか。
回答
(Answer)
『図説ことわざ事典』p.510-511には、「猫も杓子も」の意味が説明されており、語源については「蝶番杓子に似ているからであるからとか、売笑婦と講釈師の意の『寝子も釈氏も』だとするもの、はたまた、神官(禰子)と僧侶(釈子)とするものなど」との記述がある。

『猫の民俗学』p.111-112には、「語源は確かではないが、猫と杓子の俗信には相似た点が多々あって、双方とも客を招き、人の魂を摂取する」「更にいずれも魔除けになる。どちらも盗んで来たものの方が験がある」などと説明されている。

『猫の歴史と奇話』p.29-30には、「猫の死体を三つ叉の道の傍に埋め、その上に杓子を立てる習俗があったというが、その理由ははっきりしない。」「古老の言葉として次のような報告を受けた。『猫は鼠などが台所を荒らすのを防いでくれるので、感謝の意味から、その葬った場所に台所の物(杓子とは限らない)を立てる。」「杓子を用いるのは、猫と杓子を取り合わせた諺と何か関係があるのではないだろうか」と記述されている。

『語源随筆・猫も杓子も』p.15には、「シャクシトリと呼ばれる『主婦』」とあり、「シャクシトリが略されてシャクシとなったとすれば、その意味は『主婦』『おかみさん』ということになり」と説明している。さらに、「『主婦』を意味する言葉には、『家内』『奥様』『お家様』『御新造』などのように、、家や家の中を表現する言葉で表現されている場合が多い」「猫の方も、犬と違って座敷に上がる動物だから、やはり家の中にいることが多い」との共通性から、「『猫も杓子も』が家の中から出てくるというようなことは、ただ事ではなかった。『家内総出で』ということになったのだろう。『誰も彼も』という意味は、『猫も杓子も』で十分に表現できたはずだった。」と説明されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
時田昌瑞『図説ことわざ事典』 東京書籍,2009,845p.参照はp.510-511.

大木卓『猫の民俗学』 田畑書店,1979,304 p.参照はp.111-112.

平岩米吉『猫の歴史と奇話』 築地書館,1992,243p.参照はp.29-30.

楳垣実『語源随筆・猫も杓子も』 創拓社,1989,262p.参照はp.15-16.
キーワード
(Keywords)
ことわざ
杓子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013092211521266056
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000142388解決/未解決
(Resolved / Unresolved)