このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141944
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131218-2
事例作成日
(Creation date)
2013年12月18日登録日時
(Registration date)
2013年12月18日 15時52分更新日時
(Last update)
2013年12月18日 19時25分
質問
(Question)
法律学者の Makarov, A. N. について詳しい人物来歴情報を知りたい。
回答
(Answer)
 資料2の人物事典(言語はドイツ語)に、Makarov, Alexander, Jurist, * 16.8.1888 Zarskoje bei Selo(St. Petersburg), †13.5.1973 Heidelberg.(後略)……、という記述が見つかる。またドイツのマックスプランク研究所発行のジャーナルのバックナンバーにこの人物の来歴や著作目録などが公表されている。
回答プロセス
(Answering process)
◆ 資料1の記念論文集の中の論文の一つ、第4章に石川 健治著「他民族社会化と個人の人権」があり、文中の p.77 に次のように、『「国籍」とは、国家と国民との個別的な権利義務関係には尽きない、「国民の身分」を表示する概念にほかならない(21)』と示して引用がされている。そして論文末の参考文献に以下の記述が見つかる。この情報までは利用者から示された引用文献の記述から辿ることができた。

 ○ (21) Makarov, A. N., Allgemaine Lehren des Staatsangehörichkeitsrechts, 1947, S.22ff. bes. 26ff.の学説整理は示唆に富む。


◆ 資料2のドイツ語圏の人物事典(DBE)の p.686 に項目が見つけられた。英語圏の人名事典(ANB)や Who's Who には項目が見つからなかった。


◆ Googleなどの検索エンジンを使って、同姓同名が予想されるので“Makarov,A.N.”&“1888”で生(没)年を搦めて検索をする。すると米国議会図書館の著者名典拠ファイルに以下の記述が見つかる。
http://id.loc.gov/authorities/names/n84222642.html  last_access:2013-12-18)

◆ CiNii_Booksの著者名典拠にも以下のようなものが見つかり、著作が参照できる。
http://ci.nii.ac.jp/author/DA03234085  last_access:2013-12-18)


◆ また、資料3のマックス・プランク外国公法・国際法研究所(独:ハイデルベルグ)の発行の研究紀要に以下のようなものが見つかり、Hermann Mosler氏による追悼文とともにこの人物についての来歴情報や著作目録が(ドイツ語で)詳しく記されている(はず)。

・Mosler: Alexander N. Makarov 1888 - 1973
(【PDF】 http://www.zaoerv.de/33_1973/33_1973_3_s_443_446.pdf  last_access:2013-12-18)
・Veröffentlichungen von Alexander N. Makarov 1968-1973
(【PDF】 http://www.zaoerv.de/33_1973/33_1973_3_s_447_448.pdf  last_access:2013-12-18)

・Mosler: Alexander N. Makarov zum 80. Geburtstag am 4. August 1968
(【PDF】 http://www.zaoerv.de/28_1968/28_1968_3_4_s_474_476.pdf  last_access:2013-12-18)
・Veröffentlichungen von Alexander N. Makarov 1958-1968
(【PDF】 http://www.zaoerv.de/28_1968/28_1968_3_4_s_477_480.pdf  last_access:2013-12-18)
事前調査事項
(Preliminary research)
法学論文の参考文献一覧の以下のような記述を示して
○ Vgl. A. Makarov, a.a.o. (Anm.7), S.24ff
NDC
国際法  (329 9版)
ヨーロッパ  (283 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】.針生誠吉先生古稀記念論文集刊行委員会 編. 定本憲法の二十一世紀的展開 : 針生誠吉先生古稀記念論文集. 明石書店, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002621314-00 , ISBN 4750309516 (本学所蔵 323.04//H69)
【資料2】.Deutsche biographische Enzyklopädie (DBE)
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA74757407  (本学所蔵 283.4//D65//6)
【資料3】.マックス・プランク外国公法・国際法研究所のジャーナル(HJIL)の目次情報 : Zeitschrift für ausländisches öffentliches Recht und Völkerrecht. Vol.33, 1973.
http://www.zaoerv.de/33_1973/vol33.cfm  last_access:2013-12-18)
キーワード
(Keywords)
マカロフ・アレキサンドル・ニコラエビッチ(Makarov, Aleksandr Nikolaevich)
マックス・プランク研究所
Heidelberg Journal of International Law (HJIL)
国際法学者
ロシア人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000141944解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!