このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141934
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中児童-2013-2
事例作成日
(Creation date)
2013年09月18日登録日時
(Registration date)
2013年12月17日 17時55分更新日時
(Last update)
2013年12月17日 18時01分
質問
(Question)
児童書で、旧かなづかいと現代かなづかいの違いについて書かれている本はあるか。
回答
(Answer)
【資料1】『日本語の大常識 これだけは知っておきたい』(金田一 秀穂 監修 ポプラ社 2006.11) p48-49 「昔てふてふ今はチョウチョウ」

【資料2】『世界のなかの日本語 3 変化する日本語』(小峰書店 2006.4)p6 「単語の違いとかなづかい」

【資料3】『小学生の「にほんご」大疑問100 目からうろこ』(日本語を考える会 構成・執筆 講談社 2000.8)P58-59 「コンニチワ」の「ワ」は「は」と書くの?

【資料4】『玉川児童百科大辞典 11 国語 改訂5版』(小原 哲郎 編集総括 誠文堂新光社 1990)p256 「仮名づかい」、p265-267には、旧かなづかいと新かなづかいの例一覧表がある。

【資料5】『学研ハイベスト教科事典 国語』(学研 1997.7)p362「古文のかなづかいと語句」

【資料6】『日本のもと 日本語』(金田一 秀穂 監修 講談社 2011.5)P43-52 「かなづかい」
回答プロセス
(Answering process)
(1)OPACを件名「かなづかい」で検索。
(2)8類の棚で探す。
(3)教科別事典(国語関係)で探す。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (810 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本語の大常識 これだけは知っておきたい』(金田一 秀穂 監修 ポプラ社 2006.11)|0600458232
【資料2】『世界のなかの日本語 3 変化する日本語』(小峰書店 2006.4)|0600334727
【資料3】『小学生の「にほんご」大疑問100 目からうろこ』(日本語を考える会 構成・執筆 講談社 2000.8)|0600216821
【資料4】『『玉川児童百科大辞典 11 国語 改訂5版』(小原 哲郎 編集総括 誠文堂新光社 1990)|9600069535
【資料5】『『学研ハイベスト教科事典 国語』(学研 1997.7)|0600275205
【資料6】『『日本のもと 日本語』(金田一 秀穂 監修 講談社 2011.5)|0600461630
キーワード
(Keywords)
旧仮名遣い(キュウカナヅカイ)
歴史的仮名遣い(レキシテキカナヅカイ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000141934解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決