このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141887
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2013-034
事例作成日
(Creation date)
2013年07月17日登録日時
(Registration date)
2013年12月16日 11時45分更新日時
(Last update)
2015年04月08日 20時02分
質問
(Question)
同志社の総長だった牧野虎次氏の言葉「針の穴」はどこからきた言葉か?
聖書 マタイ伝19章24節の「go through the eye of a needle than for ~」からきているのか?
『針の穴』という著書があるようだがそれに由来がのっていないか?
回答
(Answer)
牧野虎次著『針の穴から』(牧野虎次先生米寿記念会, 1958)のp.88「木の葉の下雫」という章のp.95に以下の文章がありました。
”果たせるかな我が茅屋の軒先から仰げば、天上の月はすぐそこに懸かってあるでないか。然り、針の穴からでも天を仰ぐことができるのだ。”

同図書中にはマタイ伝からの記述はないようです。
ご参考までに「日本国語大辞典」によりますと、「はりの穴から天を覗く」とは、”自分の狭い見識を基準にして、広大なことについて勝手な推測を下すたとえ。管(くだ)をもって天をうかがう。”と記述されています。

また、下記の図書には関連する記述はありませんでした。
牧野虎次講話, 藪崎吉太郎編『牧野虎次先生自叙傳』,(藪崎吉太郎, 1955)
回答プロセス
(Answering process)
1.本学契約データベース「ジャパンナレッジ」で「針の穴」を検索
 「はり の=穴(あな)[=溝(みぞ)・=みみず]から天(てん)を覗(のぞ)く」
 自分の狭い見識を基準にして、広大なことについて勝手な推測を下すたとえ。管(くだ)をもって天をうかがう。
 日本国語大辞典, 入手先< http://www.jkn21.com >, [参照 2014-03-06]

2.同志社, 同志社山脈編集委員会編『同志社山脈 : 113人のプロフィール』,(晃洋書房, 2003)
 「牧野虎次」の項を確認

3.上記の項の参考文献に挙げられていた下記の図書を確認
・牧野虎次講話, 藪崎吉太郎編『牧野虎次先生自叙傳』,(藪崎吉太郎, 1955)
・牧野虎次著『針の穴から』,(牧野虎次先生米寿記念会, 1958)
 p.95に「針の穴」を含む文章があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (812)
参考資料
(Reference materials)
牧野虎次 著. 針の穴から. 牧野虎次先生米寿記念会, 1958.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000990824-00  (NCID:BN13269977)
牧野虎次[講話] ; 藪崎吉太郎編. 牧野虎次先生自叙傳. 藪崎吉太郎, 1955. (NCID:BN09583617)
同志社, 同志社山脈編集委員会 編. 同志社山脈 : 113人のプロフィール. 晃洋書房, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004063629-00 , ISBN 4771014086 (NCID:BA60107607)
キーワード
(Keywords)
牧野虎次
針の穴から
同志社総長
同志社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
なし
寄与者
(Contributor)
なし
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141887解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決