このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141610
提供館
(Library)
多治見市図書館 (2310097)管理番号
(Control number)
多治見-047
事例作成日
(Creation date)
2013/11/19登録日時
(Registration date)
2013年12月06日 17時45分更新日時
(Last update)
2013年12月12日 15時00分
質問
(Question)
 来年の干支である「馬」という漢字の成り立ちを知りたい。
回答
(Answer)
 自館資料である『新字源』、『字通』のそれぞれ【馬】の項に象形の説明あり。
 『字統』新訂 白川静/著 「馬」の項にも象形の説明あり。
 以上の3点を紹介したが、わかりやすい資料ということで以下の資料1点を紹介した。
 『成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編』伊東信夫/著 第一部【動物の漢字】の項の筆頭に【馬の漢字】の項あり。古代文字からの成り立ちが図とともに説明されている。また、部首が「馬」である漢字の成り立ちについても一部記載されていた。
回答プロセス
(Answering process)
 まず参考図書の漢和辞典の棚から『新字源』を見てみる。「馬」の項に象形の説明はあるが、象形の箇所が小さくてわかりにくかった。同じく参考図書の『字通』の【馬】の項にに象形の説明あり。『大辞泉(上)』も見てみたが、文字での説明のみ。『字統』新訂 白川静/著の「ハ行」【馬】の項の象形からの成り立ちの記載があった。質問者からは、よりわかりやすい資料を希望されたので、次に一般8分類の「漢字」の棚を見たところ、『成り立ちで知る漢字のおもしろ世界』というシリーズがあり、その中に、「動物・植物編」があった。第一部【動物の漢字】に【馬の漢字】の項があり、古代文字からから今の「馬」という字になっていく様子が、図と文章で書かれていた。さらに部首が「馬」である漢字の成り立ちの記載もあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 8版)
音声.音韻.文字  (821 9版)
参考資料
(Reference materials)
『角川新字源』改訂版 小川環樹/編 西田太一郎/編 赤塚忠/編 角川書店 1994 (p.1122「馬」の項)
『字通』白川静/著 平凡社 1996 (p.1260「馬」の項)
『大辞泉 上』第2版 あーす 松村明/監修 小学館大辞泉編集部/編 小学館 2012 (p.349「馬」の項)
『字統』新訂 白川静/著 平凡社 2004 (p.704「馬」の項)
『成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編』伊東信夫/著 スリーエーネットワーク 2007, ISBN 9784883194315 (p.16第一部【動物の漢字】【馬の漢字】の項)
キーワード
(Keywords)
漢字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141610解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!