このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141340
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2013-064
事例作成日
(Creation date)
2013/04/05登録日時
(Registration date)
2013年11月29日 10時03分更新日時
(Last update)
2014年02月12日 17時06分
質問
(Question)
解離性健忘(解離性障害の一種)についての資料を探している。
回答
(Answer)
解離性障害の症状として発症する「健忘」について、当館所蔵の以下資料に記述があり提供した。

『最新メルクマニュアル医学百科 家庭版』(マーク・H.ビアーズ他編  福島雅典日本語版総監修・監訳 日経BP社 2004)
 p636健忘と関連障害・解離性健忘について、症状と診断、治療と経過の見通し等の説明あり。
 
『今日の治療指針 私はこう治療している 2013年版 ポケット判』(山口徹、北原光夫総編集 医学書院 2013)
 p886-887〈解離性障害〉病態と診断、精神療法的アプローチの記述あり。
 
『解離性障害』(中谷陽二編 ライフ・サイエンス 1997)
 p18解離性健忘の疾病分類について記述あり。
 p28心因性健忘(全生活史健忘も含む)について記述あり。
 p55-62「遁走と全生活史健忘」の章があり、症例の記載もある。
 
『解離性障害』(岡野憲一郎編 中山書店 2009)
 p95-99 解離性健忘について特長と分類を記載し、症例を挙げている。
 
『わかりやすい「解離性障害」入門』(岡野憲一郎編 星和書店 2010)
 p59-67「第二章 患者さんに起きる「病的な」解離」に、(3)「健忘」がある。症例が多数紹介されわかりやすい。
 
林直樹著「人格障害という現象(2)解離現象にどう向き合うか」(『こころの科学 118号』p104-111 日本評論社 2004)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈解離性障害 or 解離性健忘〉で検索しヒットした資料を調査した。
また、雑誌記事については《CiNii Articles》《JDreamⅢ》を検索した。

記述を確認できた資料
『解離性障害』(柴山雅俊 筑摩書房 2007)
 p89解離の症状として「空間的変容」に対し「時間的変容」を「意識状態を構成している記憶や同一性などの変容」と説明し「健忘、遁走、交代人格など」を挙げている。
 
『解離』(フランク・W.パトナム〔著〕 中井久夫訳 みすず書房 2001)
 p123-125解離性(心因性)健忘についての説明あり。

『解離の病歴』(ピエール・ジャネ〔著〕 松本雅彦訳 みすず書房 2011)
 p1-50 深い記憶喪失の事例あるが、妄想等も伴う。原著は古いものだが、他の文献に多く引用される古典的な症例とされる。

『標準・傷病名事典』(寺島裕夫編著 医学通信社 2009)
 p209 解離性障害についての簡単な説明。

林直樹著「境界性パーソナリティ障害と解離性障害」(『こころの科学 136号』p56-63 日本評論社 2007)
 障害の診断についての記述に「健忘」を含むふたつの症例を挙げている。

インターネット情報
 《TOBYO図書室》( http://www.tobyo.jp/library/  INITIATIVE INC 2013/11/29最終確認)
 〈解離性障害〉で検索すると闘病記のブログ等が複数件ヒットする。

オンラインデータベース
 《JDreamⅢ》をキーワード〈解離性健忘〉で検索すると、最新の治療法等の論文がヒットする。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
『最新メルクマニュアル医学百科 家庭版』(マーク・H.ビアーズ他編  福島雅典日本語版総監修・監訳 日経BP社 2004), ISBN 4-8222-1116-9
『今日の治療指針 私はこう治療している 2013年版 ポケット判』(山口徹、北原光夫総編集 医学書院 2013), ISBN 4-260-01644-X
『解離性障害』(中谷陽二編 ライフ・サイエンス 1997), ISBN 4-89801-135-7
『解離性障害』(岡野憲一郎編 中山書店 2009), ISBN 4-521-73134-1
『わかりやすい「解離性障害」入門』(岡野憲一郎編 星和書店 2010), ISBN 4-7911-0745-4
『こころの科学 118号』(日本評論社 2004)
キーワード
(Keywords)
解離性障害
ヒステリー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000141340解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決