このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141106
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131122-3
事例作成日
(Creation date)
2013年11月22日登録日時
(Registration date)
2013年11月22日 15時11分更新日時
(Last update)
2013年11月22日 15時45分
質問
(Question)
建築物としての養老天命反転地について解説した文献を探している。
回答
(Answer)
 建築家で芸術家の荒川修作氏と、彼のパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏が構想・設計した岐阜県の養老公園内にある体感できる芸術作品群。開園は1995年10月。
・・・・・引用ここから
○ 《養老天命反転地》(本文 140頁~)
 《養老天命反転地》は、岐阜県公営の公共建築物としてアラカワ+ギンズによって設計・建築された公園であり、「身体を再認識させる」ためのアラカワ+ギンズ建築プロジェクトの最初の作品である。約1.8ヘクタールの巨大な楕円形の敷地がすり鉢状にえぐられ、その上にさまざまな要素をもつ建造物が植生のあいだに点在している。地面はすべて傾斜しており、身体はつねにアンバランスな状態に置かれ、計算された戦略的構造により、人間のもつ遠近感や平衡感覚がくるってしまう。身体を活性化させ、体験者の身体と感性の潜在的可能性を拡張するための「心のテーマパーク」だ。来場者数は、開園10周年の2005年に150万人を越え、遠方から足を運ぶ人も多い。(後略)
・・・・・引用おわり
(出典 資料4の「荒川修作の軌跡と奇跡」の巻末キーワード集 p.10-11より)

 解説資料としては1995年に毎日新聞社が編集した資料1があるほか、この実験的な造形物について様々な立場から、哲学的・思索的な考察を述べた雑誌記事や論文などがCiNiiで見つかる。
回答プロセス
(Answering process)
◆ 自館OPACを使って、著者の“荒川修作”で検索して幾つかの図書を探索。
 → 資料1~4などの書籍が見つかる。

◆ 資料4の p.140-154 には著者によるこの公園の体験記と、巻末キーワードに上記引用の解説が見つけられる。
 立地などの一般的な情報は以下の通り。
 ・所在地 / 岐阜県養老郡養老町高林 1298-2
 ・面積 / 18,100㎡
 ・構想・設計 / 1990年4月~94年8月
 ・施行 / 清水建設 1994年8月~
 ・オープン / 1995年10月4日
 (JR東海道本線大垣駅から養老鉄道養老線で養老駅下車、徒歩10分)

◆ NDL_Searchを使って、Kw:“養老天命反転地”で検索する。
(【NDL】 http://bit.ly/1bbx3ZA  last_access:2013-11-22)

◆ CiNii_Articlesを使って、Kw:“養老天命反転地”で検索する。23件が見つかる。
(【Nii】 http://bit.ly/1bbsvTf  last_access:2013-11-22)
 ・現代思想.1996,Vol.24(10).の【特集 荒川修作+マドリン・ギンズ】があるほか以下の論文がある。
 ・太幡 正樹著.自己責任において遊ぶ:養老天命反転地.土木学会誌.1997,Vol.82(7),p.24-27.
 ・岐阜県土木部街路公園課著.養老天命反転地について:個性と活力ある都市づくり.公園緑地.1996,Vol.56(5),p.38-44.


◆ Googleなどの検索エンジンを使って、Kw:“養老天命反転地”or“荒川修作”で検索する。
 ・資料6の研究会の報告記録に、関連する文献が見つかる。
 ・得丸公明著.荒川修作の意味のメカニズムを解読する(2):荒川修作インタビュー「建築で人間の意識を生み出す」.
(【PDF】 http://www.jaist.ac.jp/ks/skl/papers/tokumaru/2_20110621IBIS.pdf  last_access:2013-11-22)


〔参考 Wikipedia : 養老天命反転地〕
http://bit.ly/I89JzT  last_access:2013-11-08)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築学  (520 9版)
西洋の建築.その他の様式の建築  (523 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】.荒川修作, マドリン・ギンズ [作] , 毎日新聞社 編. 養老天命反転地. 毎日新聞社, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002463950-00 , ISBN 462060478X
【資料2】.池上善彦/編集. 「養老天命反転地」取材ノート. 青土社, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I011812233-00 , ISBN 4791710061
【資料3】.荒川修作, マドリン・ギンズ 著 , 工藤順一, 塚本明子 訳. 建築-宿命反転の場 : アウシュヴィッツー広島以降の建築的実験. 水声社, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002406423-00 , ISBN 4891763078 (本学所蔵 523.06//A63)
【資料4】.塚原史 著. 荒川修作の軌跡と奇跡. NTT出版, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010084434-00 , ISBN 9784757141780 (本学所蔵 702.16//Ts53)
【資料5】.養老天命反転地 公式Website : 概要
 ( http://yoro-park.com/j/rev/index_a.html  last_access:2013-11-22)
【資料6】.身体知研究会(SKL) 公式Website:第13回研究会の報告 一般講演 得丸公明氏.荒川修作の意味のメカニズムを解読する(4)ほか.
http://www.jaist.ac.jp/ks/skl/activity/pg85.html  last_access:2013-11-22)
キーワード
(Keywords)
岐阜県養老郡養老町
荒川修作
マドリン・ギンズ(Ginz, Madeline)
現代建築
公共建築
テーマパーク
日本の建築家
Site of Reversible Destiny Yoro Park, Gifu
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
建築
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000141106解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!