このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141091
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-079
事例作成日
(Creation date)
2013年05月30日登録日時
(Registration date)
2013年11月22日 11時12分更新日時
(Last update)
2014年02月05日 14時26分
質問
(Question)
精神疾患における「発達障害」と「パーソナリティ障害」の違いについて知りたい。定義のほか、検査方法・結果の違いなどについても知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。
1発達障害とパーソナリティ障害との関連について記述のある資料
『臨床心理学 2009年7月 第9巻第4号通巻52号』 特集パーソナリティ障害(金剛出版 2009)
p461-469 原田憲一「パーソナリティ障害の概念および診断をめぐって」
p505-511 高石浩一「パーソナリティ障害への支援 学生相談場面において」
p519-523 高岡健「パーソナリティ障害への支援 支援者の連携について」
  
2発達障害およびパーソナリティ障害について個々に記述のある資料
『児童青年精神医学大事典』(ジェリー・ウィーナー編著 西村書店東京出版編集部 2012)
p59-63「児童青年精神医学における障害の分類」に、「精神障害の診断と統計の手引き(DSM)」のⅡ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅳ-TRについて解説あり。
p183-289「第Ⅲ部 発達障害」、「精神遅滞(p183-213)や「自閉性障害」(p214-248)ほか、症状単位で定義と診断基準等の記述あり。「検査と測定法」の表あり。
p573-588「パーソナリティ障害」に、「DSM-Ⅳ-TR」における定義について記述あり。診断基準等の記述あり。
 
『メルクマニュアル 日本語版』(マーク・H.ビアーズ英語版編集 日経BP社 2006)
p1825-1829「人格障害」(英文索引「personality disorder」より)の項あり。「診断と分類」に詳しい。典拠は「DSM-Ⅳ」。
p2638-2650「学習障害および発達障害」その範囲、各症状の診断について記述あり。
 
『現代精神医学事典』(加藤敏編 弘文堂 2011)
p834-835「パーソナリティ障害〔英〕personality disorder〕」の項あり。DSM-Ⅳにも触れられている。
p835「パーソナリティ障害診断法」に、診断法の名称が列記されており、簡単な解説あり。
p839-840「発達障害〔英〕developmental disabilities ; developmental disorder」に、「DSM-Ⅲ-R」における定義について記述あり。
 
『精神医学キーワード事典』(松下正明総編集 中山書店 2011)
p127-129「パーソナリティ障害」に、「DSM-Ⅳ」における定義について記述あり。
p167-169「発達障害と気分障害」に記述あり。各症状のうち2疾患について解説あり。
 
『医学書院医学大辞典 第2版』(伊藤正男総編集 医学書院 2009)
p2240「パーソナリティ障害〔personality disorder〕」の項あり。(典拠は「DSM-Ⅳ」)
p2250「発達障害〔developmental disorder〕」の項あり。
 
『DSM-4-TR精神疾患の分類と診断の手引』(American Psychiatric Association著 医学書院 2003)
p49-72に通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害として、学習障害、広汎性発達障害、注意欠陥および破壊的行動障害等の記述あり。
p233-242〈パーソナリティ障害〉の記述あり。
 
3発達障害について記述のある資料
『子どもの心の診療シリーズ 2 発達障害とその周辺の問題』(齊藤万比古総編集 中山書店 2008)
p46-114「Ⅱ 発達障害各論」に各症状別で解説されており、概念または定義について記述がある。「検査所見」の項目あり。典拠は「DSM-Ⅳ-TR」。
 
『発達障害ケースブック』(市川宏伸編 診断と治療社 2009)
p3-27「発達障害の診断と治療」に、発達障害の概念について記述あり。症例報告が掲載されており、「検査所見」の項目あり。典拠は「DSM-Ⅳ-TR」。
 
『母子保健情報 63号』(母子愛育会 2011)
「特集 発達障害」1冊全体が発達障害の特集。「広汎性発達障害」「注意欠陥多動性障害」「学習障害」「精神遅滞」の概念または定義の記述あり。「検査」の項目あり。
 
『注意欠如・多動性障害-ADHD-の診断・治療ガイドライン』(齊藤万比古編 じほう 2008)
p3「わが国で発達障害に含まれるとされている障害(DSM-Ⅳ-TR所収)」の表あり。
 
『特異的発達障害診断・治療のための実践ガイドライン』(特診断と治療社 2010)
「特異的読字障害」や「特異的算数障害」に焦点を当てたガイドライン。
 
4パーソナリティ障害について記述のある資料
『今日の精神疾患治療指針』(樋口輝彦編 医学書院 2012)
p205-230「5 パーソナリティ障害」の章全体がパーソナリティ障害についての解説。
 
『みんなの精神医学用語辞典』(松下正明著 弘文堂 2009)
p206-204「パーソナリティ障害」に、「DSM-Ⅳ-TR」における定義について記述あり。
 
『発達心理学ハンドブック』(福村出版 1992)
p870「発達障害の発生機序をめぐって」発達障害の定義についてあり(典拠はDSM-Ⅲ-R)。
p886-898「発達障害の心理学的診断アプローチ」発達障害の診断、心理診断システムについて記載有り。
 
目加田敏浩「「発達障害」と心理臨床」(『臨床心理学研究 2005年5月』p21-38 日本臨床心理学会 2005)
発達障害と関係法、諸政策等について歴史的経緯を踏まえた論考。
p31-33「「発達障害」診断における心理検査」に各障害を精査するための検査について記述あり。
 
『境界性パーソナリティ障害 日本版治療ガイドライン』(牛島定信編 金剛出版 2008) 
パーソナリティ障害の一類型である「境界性パーソナリティ障害」のガイドライン。

5 インターネット情報
《文部科学省ウェブサイト》〈文部科学省の特別支援教育における発達障害の定義〉(2014/02/05最終確認)
「発達障害とは」( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/hattatu.htm
「「発達障害」の用語の使用について」( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main/002.htm
「発達障害の法令上の定義」( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main/002/001.htm
回答プロセス
(Answering process)
医学関係の参考資料を調査する。
自館目録で〈DSM & NDC 49〉〈発達障害〉〈パーソナリティ障害〉をそれぞれ検索する。
NDC分類493.7(精神医学)の資料を確認する。
 
その他調査済み資料
用語の説明等簡単な記述のあったもの
『だれでもわかる精神医学用語集』(民事法研究会 2010)
『発達障害事典』(パスカル・J.アカルド編 明石書店 2011)
『標準・傷病名事典』(寺島裕夫編著 医学通信社 2009)
『子どものメンタルヘルスがわかる本』(スティーブン・V.ファラオーネ著 明石書店 2007)
『発達障害子どもを診る医師に知っておいてほしいこと』(平岩幹男著 金原出版 2009)
『パーソナリティ障害の認知療法 全訳版』(A.T.ベック他著 岩崎学術出版社 2011)
『標準精神医学』(野村総一郎編 医学書院 2009)
宮尾益知「治療の実際」(『総合リハビリテーション 41巻1号』p13-16 医学書院 2013) 
『臨床心理学 2007年5月』(特集 発達障害とアセスメント)(金剛出版 2007)
p355-360「ライフサイクルと発達障害」(杉山登志郎)
『応用心理学事典』(丸善 2007)p98-99「発達障害をもつ子どもたち」の項あり。
『発達心理学用語辞典』(北大路書房 1991) p252「発達障害」の項あり。
『心理学事典』(有斐閣 1999)p693「発達検査・発達障害」の項あり。
『心理学辞典』(丸善 2004)p222「広汎性発達障害」、p508「特異的発達障害」の項あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
『臨床心理学 2009年7月(第9巻第4号通巻52号)』 特集:パーソナリティ障害 (金剛出版 2009)
『児童青年精神医学大事典』(ジェリー・ウィーナー編著 西村書店東京出版編集部 2012), ISBN 9784890134199
『メルクマニュアル 日本語版』(マーク・H.ビアーズ英語版編集 日経BP社 2006), ISBN 4822203980
『精神医学キーワード事典』(松下正明総編集 中山書店 2011), ISBN 4-521-73374-3
『医学書院医学大辞典 第2版』(伊藤正男総編集 医学書院 2009), ISBN 4-260-00582-0
『DSM-4-TR精神疾患の分類と診断の手引』(American Psychiatric Association著 医学書院 2003), ISBN 4-260-11886-2
『子どもの心の診療シリーズ 2 発達障害とその周辺の問題』(齊藤万比古総編集 中山書店 2008), ISBN 4-521-73072-8
『発達障害ケースブック』(市川宏伸編 診断と治療社 2009), ISBN 4-7878-1713-2
『母子保健情報 63号』(母子愛育会 2011)
『注意欠如・多動性障害-ADHD-の診断・治療ガイドライン』(齊藤万比古編 じほう 2008), ISBN 4-8407-3813-0
『特異的発達障害診断・治療のための実践ガイドライン』(特診断と治療社 2010), ISBN 4-7878-1781-7
『今日の精神疾患治療指針』(樋口輝彦編 医学書院 2012), ISBN 4-260-01380-7
『みんなの精神医学用語辞典』(松下正明著 弘文堂 2009), ISBN 4-335-65139-2
『発達心理学ハンドブック』(福村出版 1992), ISBN 4-571-23027-3
『臨床心理学研究 2005年5月』(日本臨床心理学会 2005 p21-38)
『境界性パーソナリティ障害 日本版治療ガイドライン』(牛島定信編 金剛出版 2008), ISBN 4-7724-1041-4
キーワード
(Keywords)
発達障害
境界性人格障害
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000141091解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!