このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141047
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000009633
事例作成日
(Creation date)
2013年08月17日登録日時
(Registration date)
2013年11月21日 14時52分更新日時
(Last update)
2013年11月21日 14時52分
質問
(Question)
恵林寺(山梨県甲州市)の快川和尚の言葉として知られる「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の元となった杜荀鶴(とじゅんかく)の漢詩を知りたい。
回答
(Answer)
出典は、杜荀鶴の七言律詩「夏日題悟空上人院(夏日、悟空上人の院に題す)」の第3、4句「安禅不必須山水(安禅 必ずしも山水を須たず) 滅得心中火自涼(心中を滅得すれば 火も自ずから涼し)」である。詩の全文、書き下し文、解釈等については、照会資料をご確認ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.漢詩の名言辞典や漢詩辞典を確認すると、次のものに掲載があった。
・『漢詩漢文名言辞典』(鈴木修次編著 東京書籍 1985年)p501-502
・『漢詩の事典』(松浦 友久編 大修館書店 1999年)p142
・『中国文学小事典 中国文化全書』(藤野岩友編著 高文堂出版社 1982年)p198
・『校注唐詩解釈辞典 続』(松浦友久編 大修館書店 2001年)p279-283

2.その他、一般図書にも掲載のあるものがあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌.韻文.詩文  (921 9版)
人生訓.教訓  (159 9版)
参考資料
(Reference materials)
『漢詩漢文名言辞典』(鈴木修次編著 東京書籍 1985年) (p501-502)
『漢詩の事典』(松浦 友久編 大修館書店 1999年) (p142)
『中国文学小事典 中国文化全書』(藤野岩友編著 高文堂出版社 1982年) (p198)
『校注唐詩解釈辞典 続』(松浦友久編 大修館書店 2001年) (p279-283)
『中国古典詩聚花』第4巻 思索と詠懐(尚学図書 1985年) (p171-172)
『中国文学歳時記』夏(黒川洋一ほか編集 同朋舎出版 1989年) (p177-178)
キーワード
(Keywords)
「夏日題悟空上人院」
三伏門を閉ざして
心中を滅得すれば
心頭を滅却すれば
心頭滅却
杜荀鶴
快川紹喜
漢詩
名言
恵林寺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
*甲斐恵林寺の快川和尚は、織田信長の火攻めにあったとき「心頭を滅却すれば、火も亦涼し」という偈を唱えつつ、恬然として坐ったまま亡くなったという。快川和尚は、「碧巌録」の引用により、この句を知っていたとみられる。

*「碧巌録」のこの句の掲載部分については『碧巌録(岩波文庫)』中(克勤著 岩波書店 1994年)[資料番号0102784964〕p122-127「第43則 洞山寒暑廻避」を参照。

*「夏日題悟空上人院(夏日悟空上人の院に題す)」(『全唐詩』巻693)
三伏閉門披一衲 三伏(さんぷく) 門を閉ざして一衲(いちのう)を披(ひら)く
兼無松竹蔭房廊 兼ねて 松竹の房廊(ぼうろう)を蔭(おお)う無し
安禅不必須山水 安禅 必ずしも山水を須たず
滅得心中火自涼 心中を滅得すれば 火も自ずから涼し
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
東洋文学
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000141047解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決