このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141045
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000008148
事例作成日
(Creation date)
2012年04月22日登録日時
(Registration date)
2013年11月21日 14時42分更新日時
(Last update)
2013年11月21日 14時42分
質問
(Question)
夏目漱石の「三四郎」の中に出てくるアフラ・ベーンとその作品「オルノーコ」について知りたい。
回答
(Answer)
『集英社世界文学大事典』第3巻(『世界文学大事典』編集委員会編 集英社 1997年)等の解説がある。著書「オルノーコ」は『オルノーコ・美しい浮気女(岩波文庫)』(アフラ・ベイン作 岩波書店 1988年)を所蔵しており、巻末に解説がある。詳細については照会資料をご確認ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館システムで「オルノーコ」を検索し所蔵を確認。巻末の解説に著者について記述。
・『オルノーコ・美しい浮気女(岩波文庫)』(アフラ・ベイン作 岩波書店 1988年)

2.『外国人物レファレンス事典(古代-19世紀)』第1巻(日外アソシエーツ編・発行 1999年)[資料番号0103726774]→p270「Behn,Aphra」の項により、記載のある人名事典を確認。
・『集英社世界文学大事典』第3巻(『世界文学大事典』編集委員会編 集英社 1997年)→p920「ベイン アフラ」の項、等。

3.夏目漱石の小説に出てくることから、夏目漱石事典を確認。
・『夏目漱石事典』(平岡敏夫編 勉誠出版 2000年)→p326-326「ベーン、アフラ」の項。掲載の参考文献のうち、次のものを所蔵
・「『三四郎』試論:『オルノーコ』の意味」(千種・キムラ=スティーブン著)※「国文学 解釈と鑑賞」昭和57年11月号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
英米文学  (930 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『集英社世界文学大事典』第3巻(『世界文学大事典』編集委員会編 集英社 1997年) (p920)
『夏目漱石事典』(平岡敏夫編 勉誠出版 2000年) (p326-326)
「国文学 解釈と鑑賞」昭和57年11月号 (p193-199)
『オルノーコ・美しい浮気女(岩波文庫)』(アフラ・ベイン作 岩波書店 1988年) (作品p105-249,解説p255-269)
キーワード
(Keywords)
アフラ・ベーン
アフラ・ベイン
「オルノーコ」
「三四郎」
夏目漱石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・『集英社世界文学大事典』第3巻(『世界文学大事典』編集委員会編 集英社 1997年)によると、アフラ・ベイン(「三四郎」の中での表記は「アフラ・ベーン」。1640-1689)は、ペン一本で生計を立てることができたイギリス最初の女性作家。生い立ちの詳細は明かではないが、20代の初めに西インド諸島に渡り約1年間暮らし、奴隷の悲惨な状況を見聞した。この経験が、奴隷問題を扱ったイギリス最初の小説「オルノーコ」に結実した。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
英米文学
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141045解決/未解決
(Resolved / Unresolved)