このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141043
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000008147
事例作成日
(Creation date)
2012年04月20日登録日時
(Registration date)
2013年11月21日 14時34分更新日時
(Last update)
2013年11月21日 14時34分
質問
(Question)
ギリシア神話の「エロスとプシュケ」について調べているが、詳しい解説があるか。またアプレイウスが書いたものはあるか。
回答
(Answer)
『世界神話大図鑑:神話・伝説・ファンタジー』(アリス・ミルズ監修 東洋書林 2009年)等に詳しい解説・あらすじがある。また、アプレイウスは『変身物語』(通称『黄金の驢馬』)に「アモルとプシュケ」の話を挿話として使用した。『黄金のろば(岩波文庫)』上巻(アプレイウス作 岩波書店 1977年)等で確認できる。詳細については照会資料をご確認下さい。
回答プロセス
(Answering process)
1.ギリシア神話、ギリシア古典文学の事典を調査。
・『世界神話大図鑑:神話・伝説・ファンタジー』(アリス・ミルズ監修 東洋書林 2009年)p49-55「エロースとプシュケ-」の項に詳しい解説・あらすじ。
※次のものには「エロス」「プシュケ」それぞれの項に比較的詳しい解説・あらすじがある。
・『ギリシア神話物語事典』(バーナード・エヴスリン著 原書房 2005年)p64「エロス」の項,p202-204「プシュケ」の項
・『図説ギリシア・ローマ神話文化事典』(松村一男訳 原書房 1997年)p61-63「エロス」の項,p179-180「プシュケ」の項
・『ギリシア・ローマ神話事典』(マイケル・グラント共著 大修館書店 1988年)p161-163「エロス」の項,p434-438「プシュケ」の項
・『西洋古典学事典』(松原國師著 京都大学学術出版会 2010年)→p343「エロス」の項,p1028-1029「プシュケ」の項→「特にアープレイユスの『変身物語』(通称、黄金の驢馬)中の物語-プシューケーが重なる試練を経たのち、ついにエロースと結ばれるというロマンティックな御伽噺-で名高い」。p104「アープレイユス」の項「(「変身物語」は)ギリシアの物語を基に、興味深い奇談・挿話をふんだんに盛り込んだ風刺小説」。
※次のものは「エロス」「プシュケ」それぞれの項があるが、詳しい解説ではなかった。
・『ヴィジュアル版世界の神話百科:ギリシア・ローマ/ケルト/北欧』(アーサー・コットレル著
原書房 1999年)[資料番号0103783783]p48,p123
・『神話・伝承事典:失われた女神たちの復権』(バーバラ・ウォーカー著 大修館書店 1988年)[資料番号0101426658]p229,p656

2.『西洋古典学事典』に記述のあった「変身物語(Metamorphoses)」(別名「黄金の驢馬(Asinus Aureus)」を確認。
・『黄金のろば(岩波文庫)』上巻(アプレイウス作 岩波書店 1977年)→p125-182に該当の挿話
・『アモルとプシュケ(アモルとプシュケ叢書)』(アプレイウス原作 而立書房 1992年)※「変身物語」の挿話の部分。

3.NDC164.3の書架でブラウジング。次の資料にギリシア神話の「アモルとプシュケ」のあらすじや概要があった。
・『ギリシア・ローマ神話ものがたり』(コレット・エスタン著 創元社 1992年)[資料番号0102493525]→p242-245「アモルとプシュケ」の項。
・『ギリシア神話』(串田孫一著 雪華社 1982年)[資料番号0100173632]→p29-39「愛の神エロスが恋をした話」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神話.神話学  (164 9版)
ギリシア文学  (991 9版)
参考資料
(Reference materials)
『世界神話大図鑑:神話・伝説・ファンタジー』(アリス・ミルズ監修 東洋書林 2009年) (p49-55)
『ギリシア神話物語事典』(バーナード・エヴスリン著 原書房 2005年) (p64、p202-204)
『図説ギリシア・ローマ神話文化事典』(松村一男訳 原書房 1997年) (p61-63、p179-180)
『ギリシア・ローマ神話事典』(マイケル・グラント共著 大修館書店 1988年) (p161-163、p434-438)
『西洋古典学事典』(松原國師著 京都大学学術出版会 2010年) (p343、p1028-1029)
『黄金のろば(岩波文庫)』上巻(アプレイウス作 岩波書店 1977年) (p125-182)
『アモルとプシュケ(アモルとプシュケ叢書)』(アプレイウス原作 而立書房 1992年)
キーワード
(Keywords)
ギリシア神話
エロス
プシュケ
「エロスとプシュケ」
「アモルとプシュケ」
「黄金の驢馬」
「変身物語」
アプレイウス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『西洋古典学事典』(松原國師著 京都大学学術出版会 2010年)によると、「アモルトプシュケ」の話は、「来世における永遠の幸福を約束する神話として主にプラトーン主義哲学者に採り上げられたほか、ボッカッチョやコルネイユ、モリエール、リュリら後代の文学者・芸術家たちによっても作品の題材に好んで用いられている。なおプシューケーから今日のpsychology(〈英〉心理学)やpsychoanalysis(〈英〉精神分析学)等々の用語が造られた。」
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
思想・宗教一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141043解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!