このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140803
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2013-14
事例作成日
(Creation date)
2012年04月12日登録日時
(Registration date)
2013年11月20日 16時22分更新日時
(Last update)
2016年12月08日 14時42分
質問
(Question)
宇和島の町医者・栗田俊丈とはどのような人物か。
回答
(Answer)
【資料1】
p34 「栗田俊丈 御合力米七俵。 嘉永四年当時、栗田俊丈は城下の町医であったが、業績を評価され御合力米(医学研究のための費用)が支給されている。のちに三好周伯らと藩医に登用された。」
p38 「幕末(嘉永年間以後)、蘭学医学を学んだ町医達は、その中ですぐれた人材が登用されて藩医となった例がある。熊崎寛哉、栗田俊丈、三好周伯、布清恭(志賀天民)の四人である。」

【資料2】p414-432「嘉永四年分限帳」のp420下段・1行目に「御合力米七表 栗田俊丈」
【資料3】第一章第二節一「伊予諸藩の医家」の「宇和島藩」にも【資料2】の転記あり。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】に、嘉永4年(1851)の「分限帳」に栗田俊丈の名が記されているとあるので、翻刻資料である【資料2】を当たる。

以下記載なし
【資料4】
【資料5】p115-117 三好昌文/著「伊予の蘭学」
【資料6】p356-403
【資料7】p237-264
【資料8】
事前調査事項
(Preliminary research)
『宇和島・吉田旧記 5 前原巧山一代噺』(宇和島・吉田旧記刊行会 佐川印刷 1997年)p8に「前方辻井横丁栗田俊丈と云ふ医師」とある。
NDC
個人伝記  (289 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『宇和島藩医学史』(宇和島市医師会医学史編集委員会/編集 宇和島市医師会 1998年)<当館請求記号K490/11>
【資料2】『家中由緒書 下』(近代史文庫宇和島研究会/編集・発行 1980年)<当館請求記号K252/16/3>
【資料3】『愛媛県史 社会経済6 社会』(愛媛県史編さん委員会/編集 愛媛県 1987年)<当館請求記号K200/31>
【資料4】『伊予の蘭学』(影山昇/著 青葉図書 1975年)<当館請求記号K402/2>
【資料5】「文化愛媛 第5号」(愛媛県文化振興財団 1983年)<当館請求記号K041/4/5>
【資料6】 『愛媛県教育史 前編』(愛媛県教育会/編輯・発行 1938年)<当館請求記号K372/3>
【資料7】『医界風土記 中国・四国篇』(日本医師会/編集 思文閣出版 1994年)<当館請求記号K490/6>
【資料8】『伊予の蘭学 近代科学の夜明け 平成9年度企画展』(愛媛県歴史文化博物館/編集・発行 1997年)<当館請求記号K402/3>
キーワード
(Keywords)
栗田俊丈
前原巧山(まえはら こうざん)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000140803解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!