このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140656
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図-551
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年11月16日 17時44分更新日時
(Last update)
2014年02月19日 14時45分
質問
(Question)
国の名前の呼び方。戦前は「フィリピン」か「フィリッピン」か。
回答
(Answer)
「フィッリピン」が主流だが例外もあるよう。「フィリッピン」の利用を強制する根拠はみつからず。
回答プロセス
(Answering process)
戦前に刊行された『大南太平洋地名辞典』『南洋地理大系』(1942刊)などには「「フィリッピン」と表記されているが『外国地名人名辞典」(1903刊)にでは「フィリピン」と表記されている。(当館の所蔵資料タイトル等を確認したところは、概ね1950年を境に「フィリピン」へ移行している)
「官報 」(昭和18年10月) の条約締結の記事では、条約名に「フィリピン」を使用している。

内閣告示第二号 (1991年) 「外来語の表記」には「 撥音、促音、長音その他に関するもの」の項目に「促音を入れない慣例のある場合はそれによる」とあり、付録の用例集に「フィリピン」があげられている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語彙  (814 8版)
参考資料
(Reference materials)
『大南太平洋地名辞典』 南洋経済研究所 丸善 1942- (PV:0000126091 2924=5)
『南洋地理大系』 飯本信之、佐藤弘編 ダイヤモンド社 1942 ( PV:0000125480 2924=4)
キーワード
(Keywords)
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000140656解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!