このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140286
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131110-1
事例作成日
(Creation date)
2013年11月10日登録日時
(Registration date)
2013年11月10日 20時26分更新日時
(Last update)
2013年12月03日 12時55分
質問
(Question)
ルネサンス建築について知りたい。
回答
(Answer)
ルネサンス建築 【ルネサンスけんちく】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%BB%BA%E7%AF%89 (2013/11/10確認)
大辞林 第三版
ルネサンスけんちく【ルネサンス建築】
一五世紀のイタリアで起こりヨーロッパ全土に広がった,古代ローマ建築を規範とする古典主義建築。均衡のとれた明瞭さが特徴的。

住宅(じゅうたく) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E4%BD%8F%E5%AE%85/%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2/ (2013/11/10確認)
・・・ルネサンス建築の特色は、安定した比例、均衡と調和をもった古典的な静的な美しさにある。・・・
 15世紀のイタリアに始まるルネサンスは、イタリア各地に点在する都市国家の一つであったフィレンツェに始まった。フィレンツェは豪商メディチ家、パッツィ家などを中心に繁栄し、市街地は市役所に相当する共同体の建物であるパラッツォ・ベッキオとキリスト教の大会堂サンタ・マリア・デル・フィオーレを中心としている。そして、パラッツォとよばれる豪商たちの住宅が都市の中に点在していた。
 ルネサンス建築の特色は、安定した比例、均衡と調和をもった古典的な静的な美しさにある。それまで建築をつくるのは、石を積む職人であり、木工にあたる大工であった。そしてその職人が意匠にかかわり、施主の意向をくんで形をつくりだしていた。このような建築と違ってルネサンスの建築は、職人のつくった構造の表面に仕上げを施すという形でルネサンス建築のもつ特色である比例・均衡・調和を求めている。そして、意匠の基本的な要素は古代ローマの建築にあったから、石を積む技術あるいは大工の技術よりも、美に対する鋭い感覚と古代ローマ建築に対する深い造詣(ぞうけい)が必要であった。そのために建築の意匠にかかわる建築家が生まれ、画家、彫刻家あるいは文学を職とする人々が建築に携わることになった。
 イタリアの都市住宅は、通常3階建てで、道路に面して敷地いっぱいに建ち、中庭をとっている。壁面は石造で、屋根は見えないほど緩い勾配(こうばい)である。したがって、道路に面する平面的な方形の壁面が、意匠の対象にされている。たとえば、フィレンツェの代表的な住宅であるメディチ家のパラッツォ・リッカルディでは、壁面の石の仕上げを1階は荒々しくして、さらに目地をくぼませ、2階は平らな仕上げとして目地だけくぼませ、3階は目地もわからないようにまったく平滑に仕上げている。すなわち、下ほど力強く、上ほど繊細な表現を目ざしている。同様の傾向は、古代ローマ建築のオーダーを借りた場合にも認められ、古代ローマの建築が使っていたのと同様に、いちばん下にもっとも柱が太く力強いドーリス様式を、その上にドーリス様式より細めのイオニア様式を、もっとも上にもっともきゃしゃなコリント様式を重ねている。この時代になると現存遺構は多く、フィレンツェのパラッツォ・ピッティ、パラッツォ・リッカルディ、パラッツォ・ストロッツィなどをはじめイタリアの各地にその例がみられる。
 イタリアで始まったルネサンスの建築様式は、しだいにヨーロッパの各地に広まり、住宅では宮殿や別荘などに用いられた。北部ではイタリアと違い雨や雪が多かったので屋根の勾配が急になり、屋根が意匠の対象として特色ある形式をつくりだすことになった。・・・

Webcat Plus Minus
http://webcatplus.nii.ac.jp/pro/?q=%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%BB%BA%E7%AF%89&t=&ps=&pe=&m=&c=&i=&r=&p=&a=&l=&n=300&o=yd&lang=ja (2013/11/10確認)

・イタリア・ルネサンスの建築 クリストフ・ルイトポルト・フロンメル著 ; 稲川直樹訳 鹿島出版会, 2011 9784306045552
・イタリア・ルネサンス建築研究 ヴォルフガング・ロッツ著 ; 飛ヶ谷潤一郎訳 中央公論美術出版, 2008 9784805505809
・都市のルネサンス : イタリア建築の現在 陣内秀信著 中央公論社, 1978

CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/search?title=%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%BB%BA%E7%AF%89&range=0&count=200&sortorder=1&type=1 (2013/11/10確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
西洋の建築.その他の様式の建築  (523 9版)
参考資料
(Reference materials)
図説年表西洋建築の様式 / 鈴木博之編 ; 鈴木博之 [ほか] 著 東京 : 彰国社 , 1998 4395005020
p.95 ルネサンス
キーワード
(Keywords)
ルネサンス建築
ルネッサンス建築
Renaissance Architecture
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000140286解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!