このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140274
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2013-027
事例作成日
(Creation date)
2013年07月11日登録日時
(Registration date)
2013年11月10日 09時27分更新日時
(Last update)
2015年03月19日 10時20分
質問
(Question)
江戸後期から近代において埼玉県で養蚕が盛んであり、関連して猫絵というものの存在を知った。
猫絵およびそれ以外にも、猫が信仰の対象として扱われていた事例を知りたい。
回答
(Answer)
猫を信仰することについての記述のある下記の資料を紹介する。備考欄に追記あり。(2015/03/18)
埼玉県関係資料
『新編埼玉県史 別編1 民俗1』(埼玉県 1986)
p430-433「養蚕信仰」に中に〈養蚕と猫〉の小見出しあり。「養蚕家がねずみよけ(蚕と繭をねずみが食べるため)に苦心し、猫の絵やお札を使用」とあり。
『新編埼玉県史 別編2 民俗2』(埼玉県 1986)
p688 口頭伝承・民間知識の章に〈猫〉の項あり。

事典類
『日本俗信辞典』(鈴木棠三著 角川書店 1982)
p442-460「猫の洗面と晴雨」「猫と死体、化け猫」「猫と俗信俚言」など、俗信を項目、地域別に紹介している。
『民間信仰辞典』(桜井徳太郎編 東京堂出版 1980)
p223〈猫〉の項あり。沖縄や東北地方での猫信仰について記述あり。
『江戸文学俗信辞典』(石川一郎編 東京堂出版 1989)
p281〈猫〉の項あり。年代の表記はないが、猫の俗信について記述あり。
『日本民俗事典』(大塚民俗学会編 弘文堂 1994)
p541「ねこ 猫」「この世と異なる世界と交渉をもつと考えられ、他界からの使者のようにみなされていたらしい」等の記述あり。
『日本社会民俗辞典 3』(日本民俗学協会編 誠文堂新光社 1960)
p1105〈ねこ(猫)〉の項あり。
『日本大百科全書 18』(小学館 1987)
p238〈ネコ〉の項に民俗・伝承について記述あり。
『徳島県百科事典』(徳島新聞社 1981)
p227〈お松権現〉の項に「生前お松がかわいがった猫も殉死、(中略)猫を祭り、勝負ごと、受験の神として信仰を集めている」とあり。
『岡山県大百科事典 下』(山陽新聞社 1980)
p436〈猫神〉の項あり。

一般図書
『関東の民間信仰』(日向野徳久ほか著 明玄書房 1973)
p240-245「〔埼玉県〕養蚕信仰」に「猫絵」の「八方にらみ猫」について記述と図版あり。
『招き猫の宮』(菊池真、荒川千尋著 戎光祥出版 2004)
p44「江戸城築城の立役者・太田道灌を導いた黒猫」「東京西落合の自性院は、有名な「猫寺」のひとつである。」などの記述あり。
『招き猫の文化誌』(宮崎良子著 青弓社 1988)
p59-80「第3章 猫神・猫信仰」あり。
『日本人の生活文化史 1 犬と猫』(毎日新聞社 1980)
p146-189「猫の系譜」p203-216「猫の怪談」の章あり。
『猫鏡』(花輪莞爾著 平凡社 1990)
猫に関するエッセイ集。引用文献が多く、巻末に参考文献リストがある。
『右手をあげる招き猫』(三橋健著 PHP研究所 1995)
p10-20「右手で家庭に幸せを 左手で店に客を招く猫」招き猫についての伝説の紹介あり。
『日本のお守り』(畑野栄三監修 池田書店 2011)
p139「初辰猫」、p65「良縁招き猫」が掲載されている。
『怪異の民俗学 2』(小松和彦編 河出書房新社 2000)
p126-140「芝居と俗信・怪猫物の世界」(横山泰子著)あり。
「猫神様の散歩道」(八岩まどか著 青弓社 2005)(県内公共図蔵)
「猫神信仰や化け猫伝説など、猫の神秘の力とそれに魅入られた人々の心性を描いた本」と紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
埼玉県関係資料や自館目録を調査する。
書架をブラウジングする。

他機関データベースを〈猫 & 信仰〉で検索し、所蔵資料を確認する。
《国会図サーチ》《CiNii Books》《Google BOOKS》 

その他調査済み資料
『江戸生活事典』(三田村鳶魚著 青蛙房 1959)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
蚕糸業史.事情  (632 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本俗信辞典』(鈴木棠三 角川書店 1982), ISBN 4-04-031100-0
『民間信仰辞典』(桜井徳太郎編 東京堂出版 1980), ISBN 4-490-10137-6
『江戸文学俗信辞典』(石川一郎編 東京堂出版 1989), ISBN 4-490-10255-0
『日本民俗事典』(大塚民俗学会編 弘文堂 1994), ISBN 4-335-57050-3
『日本社会民俗辞典 3』(日本民俗学協会編 誠文堂新光社 1960)
『日本大百科全書 18』(小学館 1987), ISBN 4-09-526018-1
『徳島県百科事典』(徳島新聞社 1981)
『岡山県大百科事典 下』(山陽新聞社 1980)
『関東の民間信仰』(日向野徳久ほか著 明玄書房 1973)
『招き猫の宮』(菊池真著 戎光祥出版 2004), ISBN 4-900901-37-7
『招き猫の文化誌』(宮崎良子著 青弓社 1988)
『日本人の生活文化史 1 犬と猫』(毎日新聞社 1980)
『猫鏡』(花輪莞爾著 平凡社 1990), ISBN 4-582-82384-X
『右手をあげる招き猫』(三橋健著 PHP研究所 1995), ISBN 4-569-54985-3
『日本のお守り』(畑野栄三著 池田書店 2011), ISBN 978-4-262-12058-4
『怪異の民俗学 2』(小松和彦編 河出書房新社 2000), ISBN 4-309-61392-6
「猫神様の散歩道」(八岩まどか 青弓社 2005), ISBN 4-7872-3244-4
『新編埼玉県史 別編1 民俗1』(埼玉県 1986)
『新編埼玉県史 別編2 民俗2』(埼玉県 1986)
キーワード
(Keywords)
風俗・習慣
養蚕
民間信仰
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
自館資料で関連の記述があるものが他に確認されたため、追記する。
『猫絵の殿様 領主のフォークロア』(落合延孝著 吉川弘文館 1996)
 猫絵の作者である新田岩松氏について書かれている。
 p111-「猫絵の殿様」の項に、養蚕農民の猫絵信仰について記述がある。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000140274解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!